小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

数学は日常の中に

「面白くて眠れなくなる数学」
  桜井 進  PHP


数学にアレルギーを持っている人は多いだろう。かくいう自分もその一人である。
が、何をとち狂ったのか、数年前から時々、一般向けの数学の本を読むようになった。時々、内容が理解できず、途中で挫折する事もある。

本書は、そういう(モノ好きな)人が、最初に読むと数学のいろいろなことに興味がもてるだろう。
内容も分かりやすい。

本の中にチラリと出てきた「等差数列の和の公式」の意味は、この本で初めて理解できた。
(授業では丸暗記だったので、なぜそうなるか等はまったく理解していなかった)

習っていた当時は、数学は現実とかけ離れている数字いじり、としか思えなかったが、この本を読むと、現実と密接に関わっているのが分かる。

「はじめに」にある思わせぶりな書き方を挙げてみると
「√は、サクラのはなびらの中に」
「因数分解はクレジットカードに」
「無限は丸の中に」
隠れている、という。

数学の授業も導入部は、このような感じでやってくれれば、興味も持てただろうに、と思ってしまう。
最終的な結果は今と同じように数学アレルギーになっていたかもしれないが・・・
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/