小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調和

「自然(じねん)を生きる」
   玄侑宗久
   釈徹宗
       東京書籍


「本が好き!」http://www.honzuki.jp/ で献本いただきました。

タイトルの「自然」は「しぜん」ではなく「じねん」と読む仏教の用語。おおざっぱに言うと「あるがまま」「そのまま」といった意味で、「じねん」は「しぜん」を含んだ、より大きな概念となる。

玄侑宗久氏(復興構想会議のメンバーでもある)と釈徹宗氏(「街場のメディア論」の著者、内田樹氏との共著が多い)の2人の「縦と横」をテーマにした対談を収録したもの。
仏教についての話も出てくるが、メインの話ではないので、ついていけない、ということはない。
(仏教の用語には、大抵、注釈がついている。稀に分からない用語が出てくるが、気になるほどではない)

ここで言う「縦」とは統制・管理するための秩序や序列、といった事。本書の中では「馬の文化」とも言われる。
対して、「横」は同胞の連帯。ひとつの船では皆が仲良くするのが前提、という意味で「船の文化」という言葉でも使われる。


東日本では「縦」の考えたが根強く、西日本では「横」の考えが主流ではないか、という考え方は初めて聞いたので、新鮮な感じがする。
埼玉生まれの埼玉育ちで、それ以外を(肌で感じる感覚としては)知らないので、言われてみれば、そんな感じがする、というレベルでしかないが・・・・。

ただ、この「縦」と「横」はどちらかが他方より優れている、というものではなくて、両方あって、バランスが取れている事が大切だ、と言っている。
単純に「これからは”横”の時代だ」という話にならないあたりは、さすがは僧侶。
全国のお寺の組織の中の一部、としての立場と地域のコミュニティの一角としての立場を持つからこそ言えるのだろう。


「縦」と「横」のバランスを取るためには、一度、「縦」または「横」の一方に偏ってみなければ、その「中間」を取ることはできない、末端の方が左右にブレているからこそ、「芯」がブレない、という話が面白かった。

最近「ブレない」事を声高に言う業種の人が多いが、「ブレない」=「柔軟性に欠ける」ということになるので、大丈夫かな、と疑問に思うことの方が多かった。が、この2人も同様の考えで少し安心した。
両端を知らなければ「中間」など取ることができないから、「ブレる」事は、それほど悪い事でもない、という辺りは、なるほどと関心してしまった。

今のご時世、「縦」の考え方が蔓延しているように思える。「中間」を探すための過程の一つ、であることを願う。

また、面白いと感じたのが「閉じて、つながる」という点。
コミュニティ、仲間などのグループでは、ある程度、外に対して閉じていることで、その中は団結する、というもの。

何でもかんでも「開いて」しまうと、強者の色だけに染められて、「独自」のものはつぶされてしまうのではないだろうか。
ただ、今更「鎖国」などできるものではないし、「グローバルスタンダード」がなければ、困ってしまうことも多いのも事実。

ほどほどに「開いて」、ほどほどに「閉じる」のがいい、その「ほどほど」を探るために、「ブレる」のは悪いことではない、と言っている。
仏教について詳しい訳ではないが、背後に「調和」というキーワードが見え隠れする感じがした。

スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。