小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンな叔父さん♪

これはペンです。
 円城 塔
   新潮社


「これはペンです」と「良い夜を持っている」の2編からなる。

どちらも少々、難儀な肉親を描こうとする物語。
「これはペンです」では姪が叔父を、「良い夜を持っている」は、その叔父が自分の父親について描いている。

ただし、描こうとしている当人の内面に迫ろう、としているのではなく、客観的に分析しようとしているかのようだ。
意地の悪い例えになってしまうかもしれないが、サルの群れの中の特定のサルの行動を追っているかのよう。

どちらの話でも具体的な人物の名前は出ず、「姪」「叔父」「父」「母」としか呼ばれない。
そういう点からも普通の小説、というより論文でも読んでいる感じがする。

「これはペンです」に出てくる叔父は、本の中の表現を借りれば「書く動機を欠き、書く方法だけを探し続ける」
(一見、意味があるようで、まるで意味がない)論文を自動生成するプログラムを作ったり、ケガをしたらしたで、自分の血をインク代わりに手紙を書いたり、と捉えどころがない。
様々な手段で書く事により、それらの中に自分自身が現れてくるのでは、と信じているようだ。
そして、姪は、それより早く叔父を見出そうとしている。

やっていることからすると、この叔父は天才なのだが、自分の肉親にはいてほしくないタイプ。
離れた所から観察する分には面白いかもしれないが、近くにいると迷惑な気がする。

「良い夜を持っている」は「これはペンです」に出てきた叔父が主人公。
ある教授が父親の症候群を研究した結果をまとめた本を自分(叔父)なりに「翻訳」して、父親を描こうとしている。

叔父が描こうとしている父親は、異常な記憶力の持ち主。ただ、その記憶の方法は、一般人とはかなり異なっており、時系列がゴチャゴチャだったりする。
会社員として、普通の会社では仕事はできないが、子供の面倒を見たりなど、親として役割は(おおむねだが)果たす事はできる。

叔父は意図的に奇妙な行動をしているが、父親は自分にしてみれば、ごく当たり前の行動をしているだけで罪はないが、近くにいたら扱いにくいという点では変わらない。
この父親にして、この子供あり、というところだろうか。

スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。