小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

「親」が語るはやぶさ君

小惑星探査機はやぶさ
  「玉手箱」は開かれた
    川口淳一郎
      中公新書


いまさら、と言われるかもしれないが小惑星探査機「はやぶさ」の誕生から帰還までを描いたもの。

同じような本は何冊か読んでいるが、プロジェクトマネージャであった川口教授が著者だったので、思わず手に取った。
偶然だが、この本を読み終わった翌日、「”はやぶさ2”製造開始」という記事が新聞に掲載されていた。

全ページカラーなので、新書にしては定価がお高め。
面白いのは奇数ページ左下欄外に地球、火星、イトカワ、はやぶさの軌道の簡略図がついており、打上げから帰還までの軌道がパラパラマンガのように見る事ができる点。

これまでに読んだ「はやぶさ」本はカプセルの帰還までだったが、この本は、それらより後から出版されているので、カプセル内にイトカワの微粒子が発見された部分についても書かれている。
当事者だから敢えて、そのようにしているのか、全体的に事実を淡々と述べている印象だ。
が、さすがに「はやぶさ」の最後とイトカワの微粒子発見の部分では、行間から感情が滲み出ているように思える。

最後の章末に書かれた一首が多くを物語っている。
「わくせいの いにしえかたる たまてばこ ながきかんなん いまぞかなえり」

「はやぶさ2」のプロジェクト(2014年に打ち上げ予定)が順調に進む事を願う。
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/