小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい一歩

私とあなた ここに生まれて
 和合亮一
   明石書店


本が好き」より献本頂きました。感謝。

東日本大震災で自らも被災し、避難所生活を送った著者による詩集。
震災をテーマとし、南三陸町在住の写真家による写真とのコラボレーションを行っている。

構成は
Ⅰ 息吹
Ⅱ あなた
Ⅲ ふるさと
Ⅳ 南三陸町にて
Ⅴ 吹き来る風に
となっている。

日常の風景の写真と詩があるかと思えば、別のページでは震災後の写真が使われていて、その落差に心が痛む。
ちなみに震災後の生々しい写真が使われているのは一部だけ。

写真がなければ「Ⅳ 南三陸町にて」以外はギリギリ普通の詩集として読む事もできるかもしれない。
特に印象に残ったのは、この言葉。
「ああ拳はにぎるものではない
 開くものなんだ」
震災と関係するところでは、「復興」と聞くと力みすぎる人が多い気がするし、関係ないところでも、見に覚えのある人も多いだろう。

ところどころではあるが、震災の写真や震災を連想させる言葉があるので、この部分だけでも読んでツライという人はいるかもしれない。
しかも「Ⅳ 南三陸町にて」はページ数は少ないが、他の章とかなり異質で際立っている。
・・・というより浮いている、と言った方がいいくらいのもの。

なぜなら、具体的に「津波」を扱っているため。
ここは読むのがつらかった。

さすがにこの章は写真が一枚も使われていない。
印象が強すぎるし、適切な写真がなかったのだろう。なにより写真を使うべきでなかったのだろう。
人によっては、この章は刺激が強すぎるため、要注意。

救いは最後の方になると、詩の内容に明るさが見えてくる点。
最初は大きなショックを受けて、あまりのことに呆然としている、といった感じの内容が多いが、次第に希望を感じさせる言葉が多くなってくる。

全体として内容が悪い、という訳ではないが、読んでいてツライものが多いので、そう何度も読めるものではない、と思う。
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。