小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「正義」の見方

ウルトラマンと「正義」の話をしよう
 神谷和宏
  朝日新聞出版


長年、愛され「国民的ヒーロー」と言えるウルトラマン。

その人気の要因は、いろいろあるが、その中の一つに「大人の鑑賞にも耐える」という点があることは言えるだろう。
子供の頃に見たウルトラマンを成長してから改めて見てみると、驚くようなメッセージ性を持っていたりするのだ。

本書は、ウルトラマンのエピソードを教材に社会問題等について生徒に考えさせる、という授業を行っている中学校の国語教師である著者が描いた「正義」についての考察。

基本的にはウルトラマンシリーズは「勧善懲悪」のストーリーなのだが、時にウルトラマンの「正義」に疑問を感じるエピソードが語られる。
ウルトラマンのシリーズの中では決して「正義」は一つではないのだ。
「ウルトラマンガイア」に至っては、ウルトラマンアグルという信念の異なるもう一人のウルトラマンが登場し、それが明確に示される。


シリーズの中で、有名なエピソードだけをピックアップしただけで次のようなものがある。

ウルトラマン 第23話「故郷は地球」
 ウルトラマンの全シリーズの中でも、おそらく最も救いのないエピソード。

 科学特捜隊とウルトラマンが戦った怪獣ジャミラは、異形の姿になったとは言え「人間」だった。
 しかもジャミラが異形になった原因を作ったのも人間で、ジャミラの方が犠牲者、という構図。

 ウルトラマンはジャミラが「人間」であることを知りつつ、ジャミラを倒す。
 この時だけ怪獣は爆発せず、ジャミラは苦しそうにのたうちまわりながら息絶える。

 ラスト、ジャミラの慰霊碑が作られ、そこには「人類の夢と科学の発展のために死んだ戦士の魂、ここに眠る」と刻まれる。
 一見、せめてもの救いのように思えるが、慰霊碑に礼をする科学特捜隊メンバのすぐ横を各国の高官達が通り過ぎるが、慰霊碑に目を向ける者は誰もいない。
 そして、とどめの一撃となるイデ隊員の一言で物語は終わる。
 「犠牲者はいつもこうだ。文句だけは美しいけれど」

ウルトラセブン 第42話「ノンマルトの使者」
 海底開発を進める人類。
 ウルトラ警備隊のメンバは「ノンマルトの使者」と名乗る少年に出会う。
 少年は「人間は後から来て、ノンマルトを海底においやった。海底はノンマルトのものだ。海底の開発をやめろ」と言う。

 その言葉を一笑に付すウルトラ警備隊。だが唯一人、ウルトラセブンであるモロボシ・ダンだけは、その言葉に愕然とする。
 なぜなら、セブンの故郷、M78星雲では、人間の事を「ノンマルト」と呼んでいたから。

 少年の言葉が真実ならば、人間とノンマルトは別、という事になる。
 ノンマルトは本当に地球の先住民なのか、という事は不明確なまま、セブンはウルトラ警備隊のノンマルト攻撃に加担してしまう。

問題提起、という点で印象的なのは次の2編
ウルトラセブン 第8話「狙われた街」
 人間の理性を狂わせる物質をタバコに混入し、そのタバコを吸った人間が暴れる事で人間同士の信頼関係を壊し、自滅させる作戦をとったメトロン星人。
 「モロボシ・ダンとちゃぶ台をはさんで話をするメトロン星人」というシュールなシーンでも有名だが、最後のナレーションが痛烈。

 「人間同士の信頼関係を利用するとはおそるべき宇宙人です。
  でもご安心ください。この物語は遠い遠い未来の物語なのです。
  え?なぜですって?
  我々、人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いに信頼してはいませんから」

ウルトラマンマックス 第24話「狙われない街」
 ウルトラセブン「狙われた街」の後日譚
 ウルトラマンマックス自体、ウルトラセブンのイメージを色濃く残したデザインだけに「狙われた街」の構図も真似てパロディ的要素も濃いエピソード。

 メトロン星人は実は生きていて、新しい侵略計画を実行しつつあった。今回は「携帯電話の電波に細工をして、人間を低脳化させる」というもの。
 だが、メトロン星人は途中で計画を放棄して宇宙に帰ってしまう。

 その理由はウルトラマンマックスに負けた訳でもなく、改心した訳でもない。
 人間のバカさ加減にウンザリして、侵略の価値なし、と判断したから。

 メトロン星人が去り際に
 「地球の夕焼けは美しいなあ。とりわけ日本の黄昏は。…この陰翳礼讃がなによりのみやげだな」
 と言うのが、またしても痛烈。

問題の背景を考えず、最近に起こった現象だけを見て「二元論」に還元しようとする人達がどこかの国の政治家に多い気がする。
が、それが如何に危険な事がこのことだけでもよく分かる。
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。