小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100年の宿題

100年の難問はなぜ解けたのか 天才数学者の光と影
  春日真人
   新潮文庫



2000年、アメリカの私設研究機関であるクレイ数学研究所が数学上、重要な未解決問題を選び、100万ドルの懸賞金をかけた。

その中の一つ、「ポアンカレ予想」
「単連結な三次元閉多様体は、三次元球面と同相と言えるか」
というもの。

専門知識がなければ、何を言っているかさえ分からないが、宇宙の「外」に出ることなく、宇宙の形を調べる事につながるもの。
1904年にポアンカレの論文の中で「問題」として提唱されたため、「ポアンカレ予想」と呼ばれるようになった、この「宿題」は、その後、約100年の間、数学者を苦しめることになる。

そのポアンカレの「宿題」も2002~2003年に一人のロシア人数学者、グリゴリ・ペレリマン博士によって解決される。
その事自体、数学界が大騒ぎするほどの話題になったが、それ以上に騒ぎになったのは「数学界のノーベル賞」と呼ばれるフィールズ賞受賞が決まった時のこと。

ペレリマン博士は、その賞の受賞と賞金の受け取りを辞退したのだ。
裕福なわけでもないのに・・・。
それどころか、その後、公の場から姿を消してしまう。
・・・というより失踪同然の状態となる。

100年の間、数学者を苦しめた難問とはどのようなものか
その難問を解いたペレリマン博士はどんな人物なのか
そして何故、フィールズ賞を辞退したのか

本書は、2007年10月22日に放送されたNHKスペシャル「100年の難問はなぜ解けたのか 天才数学者 失踪の謎」が元。
そのためか、番組で使った写真が多数掲載されている。
ただ、その写真も人物ばかりでなく、ポアンカレ予想や関連する問題を解説する図にして欲しかったという気はする。
(そのため、分かりにくくなっている、というわけではないが)

ちなみにポアンカレ予想の説明は、イメージ優先ではあるが分かりやすい。(少なくとも分かった気にはなった)
また、この問題の解決に関わった数学者達の話もついつい引き込まれてしまう。

本筋から離れてしまうが、著者は番組作りの際、何度もこう言われたという。
「数学の番組を作る?私は数学は嫌いでしたねえ」

確かに学生時代、自分も数学は嫌いだった。
が、社会人になった直後くらいから、全て理解できなくても、数学の話題について興味を持つことも多くなった。
(それに比例して「玉砕」することも多くなったが)

数学が現実の自然現象を解くカギになることが分かったからだろうか、試験で合格点を取る必要がなくなったからだろうか。
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。