小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯車に魅せられて

アンティキテラ
 古代ギリシアのコンピュータ
  ジョー・マーチャント
  木村博江(訳)


1901年、ギリシアのアンティキテラ島の沖合いで古代の難破船が発見される。
早速、引き揚げ作業が行われるが、貴重な像や壷の中に奇妙な物も紛れ込んでいた。

それは、最初、木箱の中に入っていたため、全く注目を集めなかった。
博物館に運ばれた後、木が乾燥し、縮んだ事により割れて、中の物が露になった時、初めて人々の注目を引く。

それは、わずか10数センチ四方の物なのだが、複数の歯車を持つ「精密機械」
しかも作成されたのは、紀元前150~100年と考えられる。

所謂「オーパーツ」(out-of-place artifacts:場違いな工芸品)ではない。
使われているものはブロンズで、この時代に使われていても不思議でもなんでもない。
また、(引き揚げられた「精密機械」そのものについての記述ではないが)文献上、歯車を用いた機械についての記述は残っている。

ただ、その文献上の記録からすると、この「精密機械」は、あまりにも複雑な構造を持っているのだ。

一体、この機械は何のためのものなのか。
この「精密機械」に取り憑かれてしまった者たちの戦いが始まる。

「アストロラーベ」(天体観測用の機器)、「天体運行儀」(一種のプラネタリウム)等の説が唱えられたが、初期の頃、できたのは、外部の洗浄と、それにより判別可能になった刻まれている文字の解読だけだった。
そして、2度の世界大戦。
その混乱の中で、この「精密機械」は博物館の倉庫に入れられ、一度は忘れられてしまう。

この「精密機械」の謎の解明に大きな役割を果たしたのが、X線などの放射線で物の内部を撮影する技術の開発。
この技術を使えば、研究が劇的に進む事に気が付いた研究者は「精密機械」の内部を撮影してみるが、そこに現れたのは、30個以上の歯車が立体的に組み合わされていた姿。

本書にもその写真が掲載されているが、真っ先に連想するのは自動巻きの腕時計。
これほど複雑な構造を持っているとは研究者たちも夢にも思っていなかったらしい。

この後、研究はスムーズに進むかに思えるが、さにあらず。
共同で研究を行っていた者たちの一方が、研究を独占しようとして起きた確執。
2000年代に入って、コンピュータの画像解析技術も進んだため、最新技術をひっさげた「最強」のチームで研究に臨もうとした人々と長年、一人でコツコツと研究していた人との先陣争い。

それぞれの研究者の説で、この「精密機械」がどのような動きをするものか、分かりにくかったので、後半は、研究者同士の競争の様子の方が面白かった。
ちなみに内心、一番、ひいきにしていた人は一人でコツコツと研究していた人。(完全に判官贔屓)

ところで、本書のタイトルは「アンティキテラ 古代ギリシアのコンピュータ」だが、原題は「Decoding The Heaven」
直訳すると「天界の暗号を解く」となるが、原題に沿った方向のタイトルの方がよかったのでは、と思ってしまった。
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。