小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去と現在の物語

ドリームキャッチャー (1~4)
 スティーヴン・キング
  新潮文庫


メイン州デリーで生まれ育ったジョーンジー、ヘンリー、ピート、ビーヴの4人。
40歳近くになり、それぞれ問題を抱えていたが、毎年秋、4人で行く鹿狩りが、いいガス抜きになっていた。
そして、今年も鹿狩りに出かけるが、そこで奇妙な遭難者を助けた事で、恐ろしい事件に巻き込まれる事になる。

ドリームキャッチャー、というのはアメリカ先住民に伝わるお守り。
良い夢は通り抜けるが、悪い夢は、このお守りが絡めとってしまう、というもの。
これが物語の内容を暗示する。

ホラーで知られる著者だが、今回はSFサスペンスもの
SFサスペンス、というと「トミーノッカーズ」を連想するが、過去と現在の話が交互に語られるという点で、「IT」の方に近い。

ちなみに4人の生まれ育ったデリーという街は、キングの作品でたびたび登場する架空の街。
「IT」では、デリーが物語の舞台となる。

物語後半、デリーが舞台となるシーンでは、「IT」で登場したキャラの名前が出てきたり、"IT"そのものの存在を匂わせる表現があったりする。
巻末の解説によると、デリー以外にも、他のキング作品で出てくる地名などがあったらしいが、自分は全然、気付けなかった。

ちょっとしたサービスのつもりなのか、
「ピエロのペニーワイズは生きている」
という一行もある。

「IT」を読んだ事がある人が見れば、「!」と思うだろうが、知らない人にとっては「?」だろう。
が、物語の筋には全く関係ないので、絡みは分からなくても、全く問題はない。
そういうのが気になる人には、気になって仕方ないだろうが・・・。

物語の構成としても、どちらも過去と現在のエピソードが交互に語られる、という点で「IT」と似ている、と感じた。
「IT」では、過去の現在の話が同時進行し、本作品では回想シーンとして、という違いはあるが・・・。

過去と現在の話が切り替わる部分は、単純に章や節を変えるのではなく、場面は大きく変わるが、言葉としては繋がっている、という方法がとられているのが印象的だった。
例えば、過去の回想シーンの終わりが「目を覚ませ、目を」で終わり、現在の場面に戻った時、「覚ませ」で始まる、といった具合。
勘違いかもしれないが、他の作品でも同じような手法が使われていた気がする。

ところで、4人の他に重要なキャラとして、ダディッツ、という人物が登場する。
4人を結びつける鍵となる人物。

4人のうち、2人は早々と物語から退場してしまい、回想シーンのみの登場となる。
この回想シーンでの4人とダディッツのエピソードが、実に生き生きとしている。

現在のシーンは、大雪が降っているので、モノトーンの世界、それに暗い描写が多い。
それに対し、過去のシーンは気味の悪い場面はあるものの、おおむね明るい場面が多い、と対照的なのも影響しているかもしれない。

本作はSFサスペンスものではあるが、4人とダディッツとの友情の物語でもある、と思った。
 
スポンサーサイト

禁断の力

ペット・セマタリー
 スティーヴン・キング
 深町眞理子 訳
  文春文庫


「怖い」というより「哀しい」話。

愛する息子が交通事故で、死んでしまった。
その死を受け入れられない、受け入れたくないために「ある力」に手を出してしまう。

ペット霊園のそのまた奥、近づく者さえいない深い深い森の中の「ある力」に。
それが「呪われた力」だと知りながら・・・。

しかも、何度も同じ過ちを繰り返す、という点が愚かしくもあり、哀しくもある。

「呪われた力」は、決して完全な形では、家族を返さない。
愚鈍になったというレベルから、中身は完全に別の(そして邪悪な)「何か」に入れ替わってしまったというレベルまで。

(決して完全ではないが)良い結果が出る可能性があるからこそだろうか、「呪われた力」には中毒性がある。

「前の奴は失敗したかもしれないが、自分は、うまくやれるさ。」と。
ただ、実際は「リスク」を過小に、「リターン」を過大に評価しているだけ。

そして、この「呪われた力」には、伝染性も。

「あの人の悲しむ姿を見たくない」
「あの人は悲しみに耐えられないのではないか」
という思いから、知る者は、知らない者に「呪われた力」の事を伝えてしまう。

が、それこそ「呪われた力」の狙い。
大きな「悲しみ」を抱えた者を自分の所に呼び寄せ、その「悲しみ」を糧とする。

そして、一度、「力」を利用すると、いずれ再び利用しなくてはいられなくなる。
得てして新たな「犠牲者」を連れて・・・。

ただ、この「呪われた力」そのものは、本書のメインではなく、「死」(裏返せば、「生」もしくは「愛」)がテーマ。

文庫本で上下巻に分かれていて、上巻では飼い猫のチャーチにまつわる奇怪な話(それが下巻の前フリになる)があるものの、概ね主人公の幸せな様子が描かれる。
特に上巻の最後の方の仲睦まじい父と子の様子の描写が印象的。

そして「悲劇」は下巻の冒頭に起きる。
・・・というか、下巻は、いきなり「悲劇」が起きた後から始まる。

主人公が半ば自動で動きながら、息子の葬儀の準備をしつつ、「悲劇」の瞬間を思い出していく、という形式。
その記憶の中では、ラスト、間一髪で息子を救うが、現実に戻った時、息子はいない。

所謂「死亡フラグ」を使った展開。
それに加えて、妻の養父との不仲による修羅場の話も交えて、主人公の喪失感が浮き彫りになる。

さらに上下巻の分かれ目もうまく利用しているのでは、と思った。。
(単行本の時は、どうなっていたか知らないので、単に偶然かもしれない。
が、キングならやりそうなので。)

ただ、子供の描写が生き生きとしている分、同じくらいの年頃の子供がいる人には、読むのがツライかもしれない。

キング流文章術

書くということについて
 スティーヴン・キング
  小学館文庫


モダンホラーの巨匠、スティーヴン・キングによる文章術指南書。
ただし、最初の3分の1ほどは、断片的なエピソードで綴るキング自身の半生記。

最初からキングの文章術についての指南が始まると期待していると、肩透かしをくらう形になる。
ただ、その中に将来、ペンで生計を立てる事になるのを感じさせるエピソードもある。
やはり、子供の頃から文才の片鱗は見せていたようだ。

キングの半生についての話が終わると、いよいよ文章術についての話になるのだが、「技」は極めてシンプル。

まず、「面白い小説を書くための、"魔法"は存在しない」ということ。
"魔法"に最も近い方法は「たくさん読み、たくさん書くこと」
その後、文体、会話、ストーリー、テンポ、推敲などの話に入っていく。

その内容は多岐にわたるが、分かりやすい。
正直、英語と日本語の文法の違いで、今一つピンとこない点もあるにはあるが、それでも言わんとしている事は理解できる。
実践できるかは別問題だが・・・。

最初の方に書いてあるが、本書での指南は、キングは、こういう方法を使っている、という事にすぎない。
要するに万人に等しく当てはまるかは分からないが、自分(キング)には有効だった方法が書いてある、ということ。

本の感想を書いていたりすると、時々、自分が分かりやすい文章を書いているか、自信が無くなる事がある。
そんな時は、文章術の本を読んだりするのだが、そこに書かれている事とキングが繰り返し言っている事には共通点があった。

それは「一つの文はシンプルに」
どうやら、誰もが同じ結論に至る「鉄則」のようだ。

それと印象に残ったものがもう一つ、「公式 二次稿=一次稿マイナス10%」
キングがひたすら小説の投稿を続けていた頃、ある編集者が書いた寸評。

これを守るようにしてから、投稿作品が掲載される事が多くなったとか。
キング自身の文章に磨きがかかってきた頃に、このアドバイスを受けたのがいい結果を生むようになった、という事らしい。

いいタイミングで、いいアドバイスを受けたという「めぐり合わせ」はあったが、それも投稿を続けていたからこそ。
"魔法"がある事は期待したいが、存在しない前提でいた方が、むしろ近道なのだろう。

神は残酷

デスペレーション
 スティーヴン・キング
  新潮社


ネヴァダ州の砂漠にある寂れた鉱山町。デスペレーション。その町で、ある「異変」が起きる。

その異変により町の住人は、互いを殺し合い、死に絶えてしまう。
しかも、ただ殺すだけでなく、十分に苦痛を与えた上であったり、死体にも、さらに損壊を加える、という異常な方法で。

それでも犠牲者がまだ足りない、とばかりにデスペレーションの警官コリー・エントラジアンは、近くのハイウェイを通る人々を次々と拉致し、留置場に監禁する。

警官は明らかにまともではない。が、それだけではなかった。
体が内部から崩壊しつつあるのだ。
まるで「何か」に侵されたかのように。

一体、この町で何が起きたのか?
拉致された人々は、どのようにして、この状況から脱出するか?

以下、ネタバレ含む。

デスペレーションの「異変」は、地中深く埋まっていた正体不明の邪悪な「形無き者」の仕業。
鉱山で地中を掘っていた時、「形無き者」を掘り起こしてしまったのだ。

目覚めた「形無き者」の力で狂った人々は殺戮を繰り返し、町には生存者がいない状態に。
狂った警官コリー・エントラジアンは「形無き者」が自ら(の一部)の「容器」として使っていたもので、外見こそ人間だが、中身は全く違うモノであった。

拉致された人々が、この状況から抜け出すカギは「神」に触れた少年と落ちぶれつつある作家の2人。

キングお得意(?)の「正体不明のモンスター」と、それに立ち向かう人々の話。

「シャイニング」「IT」でも「正体不明のモンスター」が登場したが、このモンスターそのものが何なのか、何を目的にしているのかは不明だった。
本作で登場した「形無き者」も何が目的なのかは不明。
自らの欲望のままに動いている、というだけなのかもしれない。

少年が触れたという「神」も、本当にそうなのかは、はっきりとしない。
「形無き者」と似た存在のように描かれているが、少年が触れたという「神」の方が力が強い、という事になっている。

「形無き者」と少年が触れたという「神」は同質の存在なのかもしれない。
「力」の差は、信じる者がいるかどうかの違いによる差でしかないのだろう。

どちらも「残酷」という点では共通している。
(「形無き者」は「残虐」という言葉の方がしっくりするが、それも人間の立場から見れば「残虐」というだけかもしれない。)

少年の「神」は自身を「残酷」とも「慈悲深い」とも言わなかったが、「形無き者」は自身が「残酷」なのは認めた。

また、本作の最後の方で、主人公たちは「形無き者」に連れてこられたわけではなく、「形無き者」を止めるために「神」に送り込まれた、という事が判明する。
本人の自由意志ではないので、「形無き者」が許せば、対決せずとも町から逃げられるが、その「代償」を払う事になるのが暗に仄めかされる。

どっちもどっち・・・。
「形無き者」には当然だが、正直、少年の「神」にも、それほどお近づきには、なりたくないと思ってしまった。

ところで、本作は本作のみで一つの作品として独立しているが、「双子」とも言える作品が存在する。
それは「レギュレイターズ」
本作の続編という訳ではないが、キングの遊び心が垣間見えるものになっている。

正統派ファンタジー

ドラゴンの眼
 スティーヴン・キング
  アーティストハウス


モダンホラーで有名な著者が描いた正統派ファンタジー。

キングの事だから、一癖も二癖もあるものだろうと「期待」してしまうが、その「期待」は裏切られる事になる。
ただし、いい意味で。

ところどころ、キングらしい不潔のようであっても、人間らしさを感じる描写もあるが、どこまでも正統派のファンタジー。
それもそのはず、元々は著者が自分の娘に読ませるために書いた物語が原型だから。

とある平和な王国に邪悪な魔法使いフラッグが家臣として潜り込み、やがて国王を毒殺し、二人の王子のうち、兄のピーターにその罪を着せて投獄。
王座についた弟、トマスを言葉巧みに操って、王国を混乱に陥れる。
陰謀は完成したかに見えたが・・・、という話。

主人公のピーターは容姿端麗、頭脳明晰、質実剛健。
カリスマ性もあり、お話の中の人物としては魅力的なのだが、正直、現実に近くにいると、こちらが疲れてしまうタイプ。

むしろ親近感を覚えるのは弟トマス。

「王子」という立場にさえなければ、気弱だが、やさしい少年。
ただ、なにかと兄と比較されてしまう。
しかも比較対象にされる兄は「超」がつくほど(いい意味での)優等生。

王や家臣がピーターを賞賛する声は、裏返せば自分が劣っている点を責めたてる声となる。
無論、王や家臣は、単純にピーターを褒めているだけなのだが、兄との歴然たる差を自覚しているトマスにとっては、そうは聞こえない。

トマスのピーターへの想いは愛憎半ば。
その「憎」の部分をフラッグにつけこまれ、いいように操られてしまう。

以降、ネタバレ注意。

クライマックスでフラッグがたまらず逃げ出すほどの強烈な一撃を与えるのはピーターではなくトマス。

弱虫だった自分を乗り越える、という象徴的な(悪く言えばありがちな)シーンのようにも見えるが、ラストで旅に出たトマスは再びフラッグと出会い、対決すると1行だけ書いてある。

クライマックスでの対決後のフラッグはトマスの「弱さ」の象徴のように思える。
(それまでは分かりやすい悪役なのだが)

「弱虫」は「直る」ものではなく「小さくなる」だけ。
一度はフラッグを追い払い、自信をつけ、「弱虫」は小さくなったが、何かの拍子で成長してしまい、また対決する事になったのだろう。

本作では「そういう話は、また別の日にしましょう」と書かれているだけだが、もし描かれるとしたら、「英雄伝説」とは程遠い、カッコ悪く、泥臭い物語になるだろう。
むしろ、そういう展開になる方が面白いと感じるが・・・。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。