小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分、不器用ですから・・・

「南極のペンギン」
  高倉 健  集英社



俳優 高倉健が子供たちに伝えたい、と思った10編のエピソードを綴った絵本、
と amazon では書かれている。

たしかに挿絵も多いし、文字も大きめで多くの漢字にはルビがふられていて、
子供でも読み易いようになっている。
が、その内容までが子供向けかと言うと、決してそうではない。
「絵本」と言ってよいのだろうか、という気がする。

個々のエピソード自体、そんなに長くなく、全体としてもページ数は少ないので
あっという間に読み終わってしまうが、大人も楽しめる(というか考えさせ
られる)ので、一度だけでは勿体無いと思い、3回ほど読み返してしまった。


この本の中で健さん(と呼ばせてもらいます)は

自分が出会った様々な生き方
死に直面した時の事
仕事への向き合い方
敬意を表すべき時
感謝すべき時
相手への思いやり

などを語っている。

饒舌ではないが、言葉の端々に、子供たちに真剣に語りかけ、伝えようとする
態度が見え隠れする。
まさに映画の中の健さんのイメージそのままだ。

が、相手の子供の方が、内容についていけるだろうか。
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。