小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水物(みずもの)

水惑星の旅
 椎名 誠
  新潮社


水の惑星、青い星などと呼ばれる地球。
だが、その大半は「鹹水(かんすい≒海水)」

本書によると、地球が直径1メートルの球だとした場合、地球の表面は2畳ほどの広さ。
そのうち1畳半弱が海。
海の深さは平均0.3ミリほど。
海水は全部で約660cc
淡水は17cc。そのうち12ccが氷の状態になっている。液体として流通しているのは5cc。

本書は椎名誠率いる取材チーム(といっても数名だけ)による淡水化装置、健康と水、雨水利用、ダム等の問題に関してのルポルタージュ。

個人的には"椎名誠"というとすぐ「あやしい探検隊」シリーズを連想してしまうが、かなり「硬派」な内容。
「あやしい探検隊」などでの無人島のキャンプの経験から、水の大切さは、身に沁みていたが、世界的な水問題に関しては無頓着であったらしい。

そのため、素人目線からのアプローチで、重いテーマであるが読みやすい。
ただし、それがために広く浅い「入門編」でもある。

先日、台風が連続して、やって来たので、「水」にはウンザリしている気持ちもあるが、世界の乾燥地帯からすれば、日本は「黄金の国」に見えるだろう。
世界では、水は国境紛争の原因にもなるし、国際的な大企業の「商品」にもなる。

(一般的に)日本は水に恵まれている(しかも飲料水や料理に適した軟水)だけに、水に関する問題に鈍感。
日本各地で水源地やその周辺の土地が外国企業に買われている、というニュースが時々、流れるが、扱いはあまり大きくないし、水道事業を外資に委託しているケースもある。

ただし、かくいう自分も鈍感な人の一人。

著者が分かりやすい資料の一つとして挙げられていたのが、ナショナルジオグラフィック2010年4月号。
ほぼ1冊丸々、「淡水」をテーマにした号だが、本書の中で言及されるまで、忘れていた。
しかも、ただ読んだだけでなく、しっかり感想まで書いていたのに・・・。

ギクリとしたのは、川の枯渇により干上がった「さまよえる湖」ロプノールを例にした次の一文。
(ちなみに著者自身、1988年の「日中共同楼蘭探検隊」に参加している)

「川の枯渇というのは"都市"や"文明"をいとも簡単に確実に滅ぼしていく。」

人間の歴史は"治水"、"灌漑"などの「水の利用方法」の歴史でもあるが、ウマい利用方法を考えておかないとならないのだろう。
「湯水のごとく」という言葉が"じゃんじゃん使う"から"大事に扱う"という意味に変わったりしないように・・・。
スポンサーサイト

あやしい探検隊、砂漠へ

「砂の海」
  椎名誠 新潮文庫

1988年、朝日新聞とテレビ朝日が「日中共同桜蘭探検隊」が計画され、
椎名誠はテレビドキュメンタリー製作メンバーとしてどうか、と声を
かけられる。
子供の頃からの愛読書が「さまよえる湖」(スウェン・ヘディン著)
であったので、飛び上がるほど大喜びで参加する。

本隊は、かなり大規模で本格的な探検隊なのだが、テレビドキュメン
タリー班は椎名誠がいるだけあって、たちまち「あやしい探検隊」の
様相を呈していく。しかもご丁寧に「焚き火」付き。
(もちろん椎名誠のためだけに「焚き火」をしたわけではないが・・・)

砂漠という所は、人を惑わすものらしい。

遠くに見える蜃気楼。
周りを見回しても砂。砂。砂。
いつ妖怪が出てきてもおかしくないような雰囲気を醸し出す。

実際に迷った訳ではないが、著者も砂漠の妖怪の存在を近くに感じたという。

だが、危険が大きい分、その見返り(?)も大きい。砂漠の夜の澄み渡った
空の星の美しさは例えようがないほどらしい。
うるさいほどに星が瞬き、どんな願いでも3回唱えられるほど長く流れ星が走る。

こう書くと砂漠の旅もいいものかと思ってしまうが、食べ物、水、トイレなど
の話を読むと、自分では1日もつかわからない。

やはり本で読んでいるくらいが自分にはちょうどいい。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。