小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野動物園 血風録

「もう一つの上野動物園史」
  小森 厚  丸善ライブラリー

1882(明治15)年3月20日、上野動物園は開園した。

首都圏に住んでいる人であれば、行ったことがある人も多いだろう。

自分もカンカン、ランランのパンダ騒ぎの頃、行った覚えがあるが、
肝心のパンダは遠くからチラッと見えたような見えなかったような、
という程度の記憶しかない。

これは、様々なエピソードで綴る上野動物園の歴史である。

開園当初から戦前までは、動物を集める事に関する事件が多い。
戦中は悪名高き「戦時猛獣処分」があり、終戦直後は、いかにして
動物たちのエサを確保するか、というエピソードが主。
その後、世間が落ち着いてくると、人間と動物の関わり方に関する
エピソードが多くなる。

印象に残るのは、「戦時猛獣処分」と「パンダ騒ぎ」
「戦時猛獣処分」は、様々な悲しいエピソードがすでに別の本などで
語られているが、意外なのは、これは軍の命令ではない、という点。
ただし、非常の時には、非常の決断が下されるものだと思うので、
今の自分がどうこう言える筋合いのものではないと思う。
せいぜい、こんな決断をする状況が2度とないようにしなければ、
と祈る程度のことしかできない。

そして、冒頭でも書いた「パンダ騒ぎ」
「客寄せパンダ」という言葉もある通り、かなりのバカ騒ぎだった。

が、舞台裏は、かなりおかしな事になっていたらしい。
報道陣との約束を守るために、周りの景色はどう見ても夕方なのに、
VTRには「交尾の時間は午前6時」とされていたり、ランランが
発作を起こした時は、詰めかけた報道陣のために事務所がマヒ状態
となったり。

当時、パンダ担当だった著者は、ランランの死亡会見(これまた異常
な光景)の時、涙を流す。
それは、ランラン死亡が悲しかったからではなく、この異常事態になす
すべのなかった自分へのもどかしさとくやしさからであったという。

最近は、このようなニュースは聞かなくなった。
動物の展示の方法も野生に近い状態で観客に見せる「行動展示」という
方法が多くなってきた。
が、何かの動物がブームになった時、またこのような事が起こったり
しないだろうか。
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。