小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴き声は変わるよ、どこまでも

ちんちん千鳥のなく声は
  山口仲美
    講談社学術文庫


カラスは「コロク」
ウグイスは「ウーグヒス」
ニワトリは「トーテンコー」
と鳴く。

日本と海外では、動物の鳴き声の聞き方が違う、という話は有名だが、これは日本国内の話。
地域によって違う、ということでなく、時代によって違う。
(地方によっても違うが)

カラス、ウグイス、ホトトギス、トビ、ヌエ(トラツグミ)、スズメ、フクロウ、キジ、(イカル)チドリ、ウトウ、ガン、ニワトリ
比較的、身近な鳥か、誰でも知っているような鳥を題材にして、万葉集や童謡から、日本人が鳥の鳴き声をどのように聞いていたかを辿っている。(例外はあるが)

鳴き声がピンと来ない場合は、ネットで調べれば音声か動画は見つかるので、実際に鳴き声を聞いてから読むと実感が湧くので面白い。


欧米人は「自然と人間は対立するもの」と捉えるそうだが、日本人は「人間は自然の一部」と考える、という違いがあるらしい。
虫の鳴き声ひとつでも欧米人は「雑音」として、日本人は「音楽」として、脳内で処理する、という研究結果もある

俳句・和歌では鳥の鳴き声を意味のある言葉にかけて表現したり、意味のあるフレーズに置き換える「聞きなし」という遊びがあったりするのは、そういう伝統があるせいだろうか。

カラスだけ取り上げても時代によって、「コロク」「コカコカ」「カカア」と鳴いたりする。
同じ鳥なのに、ここまで違うと別の鳥としか思えない。
そして、その鳴き声に「児ろ来(やっこさんが来る)」「子か子か」「嚊(かかあ:”かかあ天下”の”かかあ”)」という意味をかけて、俳句や笑い話に使っていた。

他の鳥でも同様。昔の人が鳥をよく観察していたのがよく分かる。
今より人工的な音がはるかに少なかった頃は、よく聞こえたのだろうし、鳥の鳴き声や行動から得る情報も多かったのだろう。
だからこそ、こんなに様々な種類の鳴き声を聞き取ったに違いない。


ところで、先日、カラスの落し物の直撃を受けた。

この本の中で引用されているが(孫引きになるが)、イタズラカラスを追いかけると
「バカァ」
と鳴くらしい。

あの時、カラスを放っておいてよかった。
追いかけていたら、さらに傷つくことになっただろう。
スポンサーサイト

ドドーン

犬は「びよ」と鳴いていた
        日本語は擬音語・擬態語が面白い

  山口仲美  光文社新書

日本語は擬音語・擬態語が非常に豊富な言葉らしい。

以前、テレビで講談師の話を見た事があるが、講談の
怪談話は、極端な事を言うと、ほとんどが擬音語・
擬態語から成り立っていると言える。

それをうまく使って、雰囲気を表したり、間をとったり
するのだそうだ。

そのため、擬音語・擬態語を使わずに話すと、雰囲気も
へったくれもない内容になってしまうらしい。


源氏物語では、ある特定の人物にのみ使われる擬態語
というものさえある。


マンガを比較してみても、日本のマンガは
「ドガガガガ」
「ドス!ドカ!バキ!」
「ゴゴゴゴゴゴ」
「ひでぶ」(←間違い)
 :
とか、いちいち挙げたらきりがない。
が、アメコミだと
「WHOOSH」
「SPLASH」
「CLICK」

など、行為そのものの言葉を使ったりする事に
違和感を感じる。

「SPLASH」など、どうして「PASHAAAAN」とか
表現できないのだろうかと思ってしまう。
日本語だと「水しぶきが上がる音」と書かれて
いたらギャグととられるだろう。


擬音語・擬態語も言葉である以上、時代と共に
意味が変わったり、変化したりする。
気になったのは、時代と共に「ゆっくり」だった
ものが、「すばやく」なっていく傾向がある、
ということ。

少し前にケーブルテレビで昔のアニメを見て
いたが、その時、今のアニメと比べて、話の
テンポがゆっくりしている事に気がついた。

ゆっくり話を進めていったら飽きられてしまう
のだろう、と思っていたが、言葉の世界にも
「スピードアップ」が求められているのか
と思ってしまった。


ところで本書の半分は、動物の鳴き声の変化に
ついて述べている。

タイトルにもあるように犬は「びよ」とか
「びょう」と鳴き、猫は「ねうねう」、猿は
「ココ」と鳴き、ネズミとスズメは「チウチウ」
と同じ鳴き声で鳴いていた。

暑苦しい鳴き声のツクツクボウシは、時代によって
「ツクツクボウシ」
「クツクツボウシ」
「オイシイツクツク」
「ツクツクオイシイ」
と転倒につぐ、転倒を重ねている。

平安時代のとある歌人は、ツクツクボウシの
鳴き声を
「ウツクシ、ヨシ」
と聞いたらしい。

超人的な「聞きなし」(*1)だが、「ツクツクボウシ」
と聞くより「ウツクシ、ヨシ」の方が良さそう。

だが、自分には、どう頑張っても
「ツクツクオイシイ」
にしか聞こえない。

(*1) 鳥や虫の鳴き声を人間の言葉に置き換えること

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。