小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

先見の不明

当たった予言、外れた予言
 J・マローン  文春文庫

本書の冒頭より

「SF作家で科学者のアーサー・C・
 クラークは、”専門家”が自分の専門
 分野以外を予言するとき、その予言は
 (必ずと言っていいほど)間違っている
 と語っている。(中略)しかし専門家は
 自分の専門分野においてさえ驚くほど
 近視眼的な見方をし、それが実にひどい
 間違いをもたらすことも事実である」

1858年から1996年までの約1世紀半の
間にされた”予言”が 98 個、取り上げ
られている。
(「当たり」「ハズレ」に関係なく)

相対性理論のアインシュタインは、子供の
頃、学校が嫌いだったので、先生に「将来、
大成しないだろう」と言われたのは、
有名な話。


過去の外れた予言を笑うことは簡単だ。
しかし、その外れた予言をした人の名前を
見ると、その笑いも止まることが多い。

「エジソン」
「アンドリュー・カーネギー」
「ヘンリー・フォード」
 :

特に有名な人を選んで名前を挙げて
みたが、他の人も、少なくとも「並」以上
の能力は持っている、と言えるだろう。

翻って、「並」の能力は、ある(はず)
と思う自分は、先のことについて、
どんな間違いをやらかしていること
だろう。

笑って済む、という程度の間違いで
あることを願う。
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/