小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛が足りない

オタク・イン・USA
 パトリック・マシアス
 町山智浩 訳


「マンガ、アニメが好き」と発言しても、ドン引きされないようになって久しい。
あくまで、コアな方向に走らない限りだが・・・。

そのマンガ、アニメだが、海外にも輸出され、大人気を得ていたりする。
(日本製という事は伏せられて・・・という事はないが、分かりにくくされている)

ただ、その理由の一つには
「外国のマンガ、アニメの質があまりに低レベル」
という点もある。

(偏見も含むが)例外はあるにせよ、外国(特に欧米)のアニメは「子供向け」、それも小学校低学年向けのような印象を受ける。
一方、日本のアニメは「子供向け」ではあっても、(欧米のアニメより)ストーリーが複雑となっている。
(実際、見ている子供がストーリーを理解できているかは別として)

本書は、そんな日本のマンガ、アニメがアメリカへ進出し、広まっていく「歴史」を紹介したもの。

黎明期の話では、信じられないような話が、バンバン飛び出す。

「元の作品を無視した、セリフのメチャクチャな吹き替え」
は珍しいことではなく
「ストーリーの改変」
をすることさえ、日常茶飯事。

「マクロス」「モスピーダ」「サザンクロス」を「変形メカが登場する」ということだけを共通点として、無理矢理一つの話にする。
「ライディーン」「コンバトラーV」「ダンガードA」に登場するロボットだけを取り出し、全く別のマンガを作る。(作者は元の作品についての知識ゼロ)
など、数々の荒業をやってのける。

「風の谷のナウシカ」のアメリカ版のポスターが芸術的なまでに別物になっている、というのは比較的有名な話。

文化の違い、暴力表現に対する規制等があるにせよ、根底には
「作品に対する"愛"の欠如」
「アメリカがナンバーワン!」
という発想があるように思える。

そのため、日本からアニメを買ってきても、
「オレ達がもっと面白くしてやるゼ!」
とばかりに、平気でオリジナルをズタボロにしてしまうのだろう。

が、天才的なまでに的確に、つまらなくしている。
さすがに今は、そんな「改良」の例は、あまりないだろう(と思いたい)

ただ、その名残りらしきものは、今も残っているように感じる事がある。
日本(だけでなく外国製の)映画をハリウッドでリメイクする、というケース。

なぜ、わざわざリメイクするのか疑問だった。
「製造元」にならなければ儲からない、というビジネス上の理由はあるだろうが、「アメリカがナンバーワン!」の発想も根底にありそうだ。

それでも、一流の監督ならば、「ゴジラ」が好きだった、と言って「ジュラシックパーク」を作成、今度は日本に恐竜ブームを引き起こすきっかけを作るが、二流の監督だと「ゴジラ」をリメイク、「トカゲ」にしてしまい、ファンから「無かった事」扱いされる。

最近、「銃夢」というマンガを読んでいるが、これも随分前から、ハリウッドでジェームズ・キャメロンが実写化という話が挙がっている。
この本の中でも、この話題に触れられていたが、キャメロン監督曰く
「父と子の物語になるだろう」
とのこと。

ただし、「銃夢」に出てきた父と子の物語は、脇役の父と子の物語だったが・・・
大丈夫だろうか?
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。