FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

300年前の宿題 

「フェルマーの最終定理」 サイモン・シン  青木薫 訳
(新潮文庫)



Xn × Yn = Zn
(n の部分は、n乗)

n が2なら中学の数学で出てきた三平方の定理(ピタゴラスの定理)
ところが n が3以上となると解はない、というのが「フェルマーの最終定理」

一見、簡単そうに見えますが、これを証明しようとすると、とんでもなく難しい。
腹立たしいことにフェルマーは、「証明できたけど、余白がないから書けないよ」などと書き残しています。

そのせいで数学者(と一部のパズルマニア)が 300 年苦労することに・・・

この本は、むずかしい数式を使うことなく、フェルマーの最終定理をめぐる歴史を紹介しています。

一度は証明したと思われたアンドリュー・ワイルズが直面したピンチとは?
スポンサーサイト



カテゴリ: サイモン・シン

テーマ: 感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 流されるのは楽だけど・・・  |  ”進化” を計測する!? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/11-f4608787
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム