小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、何時?

時間泥棒 ジェイムズ・P・ホーガン
 創元SF文庫


以前、誰が言った事か忘れたが、SF作家として売れっ子になった者は、
必ず「時間」を扱った作品を書かなければならない、という暗黙のルール
がある、というのを聞いた事がある。

「時間」を題材にしたものは、SFとしては、手垢にまみれたと言っても
いいほどのありふれたネタである。
それだけにどう料理するかで、その作家の力量が問われる、ということに
なるらしい。

では、著者は「時間」をどう料理したか、というと

ニューヨークで、ある日突如として時間の流れがおかしくなりはじめた。
時計がどんどん遅れていくのだ。しかも場所ごとに少しずつ遅れ方が違う。
その結果、周波数も影響を受け、通信もままならない。
著名な物理学者が言うには「この世界と交差する他次元のエイリアンが
我々の時間を少しずつ盗みとっているのです」
                 -巻頭のあらすじ紹介より抜粋


ジェイムズ・P・ホーガンのSFは、他に「星を継ぐもの」(3部作)
「未来の二つの顔」を読んだ事があり、バリバリのハードSF作家、
と思っていたが、この作品はコメディー色が強い。
(あくまで同じ著者の他の作品と比較しての話だが)

ハードSFファンから見れば、突っ込みどころは、満載ではあるが、
この作品は「”時間ネタ”をそう料理したか」という事を楽しむための
ものであると思う。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/111-8945d614

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。