小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFなニュース【ホビット】

「ホビット」と言えば、トールキンの創作した「中つ国」
の種族だが、現実の世界にも「ホビット」は存在する。

インドネシアのフローレス島で2003年に発見された
古代の小型人類も(通称だが)「ホビット」と呼ばれて
いる。

この「ホビット」は人類とは別種か、単に背が低いだけか、
これまで、さまざまな意見が戦わされている。

「パラオ古代人ホビットやドワーフではなかった」
「ホビット、やはり現生人類とは別種か」
「走りは苦手なホビット、やはり新種か」

「まだよく分からない」が結論なのだが、これらの
論争にまた一つネタが加わった。
「ホビットは100万年前からいた?」

結局のところ、「よく分からない」という点には
変りないのであしからず。



ちなみに極北地域に住むイヌイットには「先に
住んでいた巨人ツニートを祖先が追い出した」
という伝説があるが、グリーンランドの遺跡から
見つかった毛髪のDNAを調べたところ、現代の
イヌイットとは異なる人種のものであることが
判明している。



多くの国の昔話や神話の中に小人や巨人が登場
するが、その中に「真実の片鱗」は、どれくらい
含まれているのだろう。


2010/03/25 追記
この記事を書いた日(2010/03/21)の数日後、
こんなニュースが報道された。
「4万年前に未知の人類か」

異なる系統の人類が同時期に生きていたという。
前にも書いたが、昔話や神話に出てくる小人や
巨人、もしくは妖精、妖怪達の中には、異なる
人類の面影を残している者がいるのだろうか。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/113-1fdef4bc

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。