小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わっても、終わっていない物語

夕凪の街 桜の国
 こうの史代 双葉社


「夕凪の街」と「桜の国」の2篇からなる。

「夕凪の街」は、広島に原爆が投下されてから10年後が舞台で、
主人公(皆実)自身も被爆している。

普段は、日々の生活に追われ、意識することはないが、「幸せ」を
感じる度に小さな声が聞こえてくる。
「家族や知人は死んだのに、自分は死なずに残された」

なぜ、自分は生き残り、他の人は死んだのか。
生き残った事に後ろめたさを感じてしまっているのだ。

ただ、その想いも、恋人の一言で救われる。
「生きとってくれて、ありがとうな」

しかし皮肉な事に、その一言は、ある意味、張り詰めていた
気持ちまでも絶ち切ってしまったようで、主人公は、それ以降、
寝込んでしまう。


「桜の国」は「夕凪の街」の主人公の弟(凪生)の子供たちの物語。
父(凪生)が子供たちに内緒で、遠出をしていることを不審に思った
娘が後をつけることを思いつく。
途中、ばったり出くわした幼馴染と父を尾行するが、父が向かった
先は広島だった。
思いがけず、自分の家族の「過去」を見ることになった、という話。


どちらも、ごく普通の人の、平凡な生活の中に突如「原爆」という
暗闇があらわれるのが、恐ろしい。
著者の別の作品の「この世界の片隅に」にも同様の恐ろしさがあったが、
そちらは、正に戦争中が舞台であった。
こちらの方は、原爆投下自体から10年、50年も経っている時代
が舞台なのだ。

いつまでも忘れてはいけない物語。
当事者、もしくは、その家族にしてみれば、見ないで済むなら
見たくない話、忘れたままにしておきたい話なのかもしれないが・・・

「夕凪の街」の最後のモノローグが重い。

「このお話は
  まだ終わりません。

 何度夕凪が
  終わっても
   終わっていません」
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/121-cd8894a1

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。