小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFなニュース【ハッブル20周年】

今年は、ハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げられてから20年目の節目にあたる。
これを記念して、最新画像が公開された。
「ハッブル20周年:成果と影響」
「ハッブル20周年:ピスミス24」
「宇宙の彼方に「神秘の山」」
「ハッブル20周年:エスキモー星雲」
などなど。

ハッブルは、通常の人工衛星より高い(地球から遠い)軌道に乗せなければ
ならないため、打ち上げ時の作業もかなり難しかったらしい。

だが、それ以上に話題になったのは、実際に観測してみると「ピンぼけ」
だったこと。ただし「ピンぼけ」の原因となった歪みは、髪の毛1本分
の幅程度の歪みでしかなかった・・・。
これを知った時、要求されたレベルの高さに驚いたものだった。

修理の後、公開された写真は誰もが息を呑むほど。
「フォトギャラリー:ハッブルが写す宇宙」の写真は、
過去のものだが、どれか一つは見た覚えがある、という人も多いと思う。

ハッブルの耐用年数はとっくに過ぎているが、修理を繰り返し、2008 年の
5回目(!)の修理で少なくとも 2014 年までは使えるらしい。
それだけ利用価値が高いのだろう。

ところで、ハッブル打ち上げ20周年を記念して、こんな本が出版されている。
「HUBBLE ハッブル宇宙望遠鏡 時空の旅」

欲しいが、ちと高い・・・。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/127-388ab03b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。