小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFではないニュース【小さな親切、大きなお世話】

「ネット全履歴もとに広告」総務省容認 課題は流出対策

2010/05/30 朝日新聞 朝刊1面の記事より。

ネットで買い物をしたり、検索したりするとそれに連動した
キーワードを持つ商品の広告などが表示されたりするが、
それを一歩進めて、プロバイダー側で利用者がどんなサイトを
閲覧したかを読み取り、広告に使う技術の利用に総務省が
ゴーサインを出した、というニュース。

この技術は
「ディープ・パケット・インスペクション」(DPI)
と呼ばれ、
「行動ターゲティング広告」に利用すると、さらに広告効果が
上がる、と期待されている。

記事を読んでいるうちに、盗聴や尾行と同じでは、と思ったが、
記事の後半でやはり同じような捉え方をしている大学教授の話が
載っていた。

推進派の人達は
「悪いこと(後ろめたいこと)をしてなければ、
 見られても問題ないはず」

と言うだろうが、問題は、自分がそういう事をしているか、
いないか、ではない。

大した理由もなく、盗聴や尾行をされて、喜ぶ人がいるだろうか。

それでも推進派は
「いや、そうではなく。あなたが興味を持つであろう商品を
 探すために必要なのです」
と言うだろうが、正直、
「小さな親切、大きなお世話」
である。

「個人の特定につながらないように、業界で自主規制する」と
言っているが、そんなものは(代償を考えなければ)いつでも破れる。
実用化されるようだったら、やってみたい人達だけでやってほしい。

よくSFで「個人の行動が政府に筒抜けの管理社会」というのが
出てくるが、作り話の中でのもの、と笑えなくなってきた。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/141-b30a97da

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。