小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFなニュース【星の彼方に】

今年(2010年)は、フランク・ドレイクによる世界初のSETI観測「オズマ計画」
から 50 年目の節目の年にあたる。
これを記念して日米合同 SETI 観測が秋または冬に予定されているそうだ。

その計画の名前は「ドロシー計画」

ネーミングの由来は、言わずと知れた「オズの魔法使い」の
主人公の名前から。
(ドロシー計画についてはコチラ

dorothy-logo.png

ロゴマーク(↑)は公開されたが、観測対象などの詳細は、まだ未定。


昨年(2009年)に30ほどの観測施設が合同で日本全国同時 SETI
観測実験「さざんか計画」が実施された。

この計画に関心を持ったアメリカの SETI 研究所が 2010 年 4 月に
ヒューストンで開催された宇宙生物学研究会に「さざんか計画」
プロジェクトリーダーの鳴沢真也氏(兵庫県立西はりま天文台・
主任研究員)を招待。
SETI 研究所幹部のジル・ターター博士らと日米観測実施について
協議した結果、「ドロシー計画」が企画された。




ちなみに「さざんか計画」では、それらしき信号は観測されなかった。

「ドロシー計画」では?
1977 年の「Wow!信号」を超える信号が観測されるだろうか?

そして、日米合同 SETI の先には、世界合同 SETI も考えている
ようだが、そこでは何か聞こえてくるだろうか?
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/153-95c11e35

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。