FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

和解 

ナショナルジオグラフィック 日本版
 2010年 6月号


ワールドカップが開催され、毎日、なにかしら関係する
ニュースが流れない日はないが、今月は「南アフリカ」
について特集をしている。

・・・とは言っても、サッカーに関する特集ではなく、
南アフリカ社会についてだ。

すでにテレビ等で南アフリカ社会の表と裏については
報道され、知っている人も多いと思うが、スラムの風景
とサッカーのスタジアムの風景の落差がかなり印象深い。

が、特集記事は暗い面ばかりを取り上げるものではない。
爆弾テロの実行犯と被害者が出会い、和解するまでの物語だ。

ただし「良心的な」人物達による「いい話」ではない。
実行犯が釈放された経緯にも政治的な思惑が絡んでいるし、
被害者の方も実際に相手に会う前は「許すのが目的では
ない」と言っている。

最終的には「和解」ができたが、このケースは比較的、
うまくいった方の話だと思う。
そうでないケースも多いのだろう。

最後の被害者(オルガ・マシングワネ、という名前)の
言葉が印象的だ。
「私はもう被害者のオルガではありません。
 ただのオルガ、オルガ・マシングワネです」
スポンサーサイト



カテゴリ: 雑誌

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« SFではないニュース【ネガティブキャンペーン?】  |  無用の用 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/156-440f5f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム