小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天より高く

はやぶさ
 不死身の探査機と宇宙研の物語
   吉田 武   幻冬舎新書


2010年6月13日、小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」
のサンプルが入っている(と期待されている)カプセルをオース
トラリアのウーメラ砂漠に落下させ、自身は燃え尽きた、という
ニュースが流れた。

地球を出発したのは2003年5月9日。当初は2007年に地球に帰還
する予定だったが、数々のトラブルにより2010年に延期された。

カプセル回収後の記者会見で、リーダーに「神がかり的」とまで
言わせるほど、トラブルに見舞われ、しかも奇跡的な復活を
とげていたのだ。

「イトカワ」のサンプルが取れているか、いないかに関わらず、
イオンエンジンの宇宙空間での有効性の証明、イオンエンジンに
よる地球スウィングバイ、様々なトラブルを乗り越えたノウハウ
などすでに大成果をあげている。

この本が出版されたのは、2006年11月。
最後の方に少しだけカプセル回収の話があるが、当然、想像の
話である。
「はやぶさ」に関した部分では、打上げから「イトカワ」着陸、
その後の「消息不明期間」が終わるまでがメインである。
これに関しては、その後、実際の帰還まで追加されたものが
欲しいと思う。

この本のタイトルは「はやぶさ」であるが、実際に「はやぶさ」
について語られているのは、後半のみ。
前半は、日本のロケット開発の歴史について書かれている。
この歴史の中で培われた有形・無形の技術が「はやぶさ」に生かさ
れている。

日本のロケット開発の礎を築いた人物の名は「糸川英夫」

そう「はやぶさ」が目指した小惑星「イトカワ」の名前の由来と
なった人物である。
また、糸川氏は、戦闘機の「隼」の設計も行っている。
(ちなみにドイツの「V2ミサイル」の設計、アメリカの「アポロ
 計画」のリーダー、フォン・ブラウンと同い年である)

小惑星探査機「はやぶさ」は、自分の「親」に会いに行ったのだ。


ところで、この糸川氏は、かなり強烈な人だったらしい。

安易に先行者のマネをせず、自分達に入手しやすいもの、扱いやすい
ものを使って、自分達の手で0からやる事にこだわる。
それは一見、遠回りに見えるが、後から見直してみると、ベストな
ルートであったりする。
しかし、歩んでいる途中は、いろいろな所から「ムリだ、ダメだ」と
言われ続ける事になる。
自分なら、すぐに「大勢の人がそう言うならムリ(ダメ)だ」と
思ってしまうだろう。

また自らを逆境に追い込むかのように無謀なほど大きな目標を持ち、
それに向かって邁進し、実現させてしまうのである。


「志は高く、予算は低く」
今も受け継がれている JAXA/ISAS の精神である。
実際、「はやぶさ」の予算を聞くと、海外の関係者は、目を見開いて
驚くらしい。

先日、「はやぶさ2」の予算のニュースが出ていたが、148億円ほど。
(ちなみに「はやぶさ」は120億円)
「はやぶさ2」は、どんな事で私達を驚かせてくれるだろうか。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/165-324f4a27

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。