FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

ゴチャゴチャ 

SFマガジン
 2010年9月号


特集は「東京SF化計画」

東京を舞台にしたSF短編3本と「東京SF大全」と銘打って、
海外SF・日本SF・ノンフィクションを紹介している。

程度の差はあるが3本とも先進的な都市の中にふと現れる
伝統的な日本の姿、というものが描かれている。
しかもその東京は破壊と再生を何度も繰り返し、妙な生命力
さえ持っているようなイメージもある。
(うち1本の「トウキョウ=マガイ」では、東京の持つ得体
 の知れなさが強調されている)

実際、アンドレイ・タルコフスキー監督の「惑星ソラリス」
(1972年)に未来的な道路のイメージだ、という事で首都高速
を走るシーンがある一方で、荒俣宏の本などを読めば、東京は、
まじないだらけであることも分かる。

ちなみに自分が見た時の記憶では、首都高速のどこを走って
いるか分からなかった。
(当然と言えば、当然だが、手がかりになりそうなものは
 写っていなかった)


(多くの)欧米人には、この東京のゴチャゴチャ感が不思議に
見えるのだろうが、自分は何だかんだ言っても好きである。
それとも、長年、近くにいたせいで、慣らされただけだろうか。
スポンサーサイト



カテゴリ: S・Fマガジン

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 【SFなニュース】ディープインパクトかアルマゲドンか、はたまた狼少年か  |  SFなニュース【私を月に連れてって】 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/173-472dbc9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム