FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

天使か悪魔か? 

「わたしがママよ」 上・中・下、決定版
 森本梢子  YOU漫画文庫


仕事が夏休みに入ったので、本ばかり読んでいたら、なぜかヨメ
から読書感想文の課題図書として、目の前に積まれてしまった。
(と言っても4冊だが)

当作品は「研修医なな子」「ごくせん」の森本梢子が自身の子育て
のドタバタを描いたものだ。

今、自分には子供はいないので、「そうそう」と共感できる部分は
ないが(むしろ、そういうものかと想像するしかない)それでも
笑える内容になっている。

少しマジメな話で、やはり「育児」というものは、「孤立」して
しまっては、ストレスがたまるだけになってしまうのだろう。
肩肘張らずに、ほどほどのところで手をぬいて、家族や近所の人に
適度に頼って、ゆるい感じでやっていくのが一番だと思う。

とは言っても、最初は、いっぱいいっぱいになってしまうのだろうが。


ところで、一番共感できたキャラは、作者の姉の三男、たけ坊だ。
自分も三人姉弟の一番下で、しかも上の二人とは年が離れている。

以前からヨメにも言われていたが、赤ん坊の頃、一体、どれだけ
オモチャにされていたのだろう。

家族に問いただしてみたいが、知らないままの方がいいような気もする。
スポンサーサイト



カテゴリ: 森本梢子

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 恐竜今昔物語  |  ほんとうのさいわい »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/178-a46a6ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム