小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜今昔物語

へんな恐竜

 歯黒猛夫 彩図社

もしタイムマシンがあって、自分の好きな時代に行けるとしたら、
迷うことなく恐竜の時代を選ぶ。
(ちなみにそれ以外では、カンブリア紀の変な生き物が掃いて
 捨てるほどいた時代、宇宙の始まりと終わりを見にいきたい)

子供(特に男の子)は、いつの時代も恐竜が好きだが、自分も
ご多分に漏れず恐竜好きであった。
学研のひみつシリーズ「恐竜のひみつ」は、さんざん読んだ
覚えがある。

ちなみに一番好きな恐竜はトリケラトプスだった。

角が3本ある姿は、サービス満点(?)
ウルトラマン(の怪獣)が好きだったチビにとっては、コイツは
怪獣以外の何者でもなかった。(草食の恐竜だが)
しかもこの「怪獣」は、遠い昔、実際に地上を歩いていたのだ。

・・・という話をヨメにしたところ、ポカーンとした顔をされてしまった。
やはり恐竜にハマるのは男子限定なのだろうか。

ところで、この本は、名前や姿がヘンな恐竜の紳士録である。
ヘンでなくともティラノサウルス、ベロキラプトル、ステゴサウルス、
トリケラトプスなど、これを外したら恐竜の本とは言えない、という
有名どころもちゃんと揃っている。

ヘンな名前の代表例は「ゴジラサウルス」「シネミス・ガメラ」
どちらも命名した研究者が日本の怪獣ファンだったからだが、
共に「やらかした」感がある。

本の中で気になった恐竜は、
ディプロドクス、スケリドサウルス、エウオプロケファルス、
アマルガサウルス、ガストニア、サウロペルタ、アリノケラトプス、
サイカニア
など。

よく見てみると4つ足、トゲトゲの怪獣系(?)のやつらばかり。
恐竜の好みは、子供の頃から全く変化していなかった。

今更だが、イラストを見ると、自分が子供の頃のイラストとは、
随分、様変わりしている。当時は「怪獣」という感じであったが、
今はトカゲっぽくなっている。

ヘンな姿の恐竜も出てくるが、結局のところ「想像図」なのだ。
全身の骨格が発見されていればまだしも、一部しか発見されていない
場合も多い。
また、体の色や模様などはほとんど想像でしかない。

本の中でも最初は別の種類の恐竜だと考えられていたものが、
実は同じ恐竜だった、という例が紹介されている。

この本の中に出てきた恐竜が10年後、20年後、あるいはもっと先に
どのような姿になっているかが楽しみだ。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/179-3f5858d1

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。