小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40周年 その1

「SFマガジン」
2010年 10月号


ハヤカワ文庫SFは、今年、創刊40周年になる。

今月号は、その記念特集のパート1。
ハヤカワ文庫SFは、刊行の際、反対する声が多かったらしい。
反対派は年配の重役連が多かったので、その説得のために森優
(SFマガジン2代目編集長)は

「立川文庫(書き講談による青少年向けの文庫本)のSF版」

という言葉を使ったところ、すんなりと納得が得られたそうだ。
ものは言い様、という気もするが、この言葉が出てくるあたり、
現場の人間の想いが垣間見える。


また、今号には名作SF再録として、次の4作品が掲載されている。

「夜来たる」(アイザック・アシモフ)
 6つの太陽を持つ惑星ラガッシュ。最低でも一つは太陽が空に
 出ている夜のない世界。
 万有引力の法則を発見した科学者が2000年に一度だけ「夜」が
 来ることに気がつく。
 夜のない世界に、夜が来たら・・・という思考実験のような話。

 これを元にして、ロバート・シルヴァーバーグが長編版を出版
 している。
 こちらの方は、以前、読んでいたので、いつかオリジナルの方
 を読んでみたいと思っていたのが、思いがけなく実現した。

「輪廻の蛇」(ロバート・A・ハインライン)
 時間を自由自在に行き来する航時局員を主人公。
 ある人物を航時局員としてスカウトするために近づくが、その
 スカウトしたい人物というのは・・・

 タイトルの「輪廻の蛇」は、自分で自分の尻尾をくわえて環に
 なっている蛇のこと。この事から何となく内容の想像がついて
 しまう人がいるかもしれない。

 一度、この作品を読んだ後、作中の事実関係の理解に自信が
 持てず、再度読み直してしまった。
 正しく理解できていたが、ちょっとオチには釈然としない
 ものが残った。

「鉢の底」(ジョン・ヴァーリイ)
 著者の「八世界」という未来史の中のエピソードの一つ。
 「八世界」について知識のない人も十分楽しめる。
 実際、自分も「八世界」という言葉は、解説のページで
 はじめて気がついたくらい

 主人公は、ある宝石を求めて、金星までやってくる。
 金星の辺境で、目当ての宝石を見つけるが、その宝
 石の正体まで知ってしまう・・・

「オメラスから歩み去る人々」(アーシュラ・K・ル・グィン)
 「理想郷」と言ってもいいくらいの都市、オメラス。
 ただ、オメラスには、そこに住む人すべてが知っている
 暗部があった・・・。
 自分だったら、「暗部」は見なかったことにしてしまう
 かもしれない。

 NHKの「ハーバード白熱教室」で扱われるようなテーマ
 のような話だ、と思ったら解説によると、その授業の時に、
 当作品に言及されたらしい。

巻末に「ハヤカワ文庫SF完全リスト(上)」が載っている。
タイトルと表紙、著者名などの情報が掲載されているので、
どれを読んだ事があるか、初めて読んだのは、どれか、と
いう事をチェックしてみるのも面白いかもしれない。 
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/195-57054219

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。