小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは誰?

「星を継ぐもの」
 ジェイムズ・P・ホーガン 創元SF文庫


月面で発見された宇宙服を着た人間の遺体。

どの月面基地にも属さない人物であるばかりか、死亡推定時刻は5万年前。

地球で、ホモ・サピエンスが世界中に広がり始めた頃、ほぼ同じ身体的特徴
を持つ生物が宇宙服を着て、月面を歩いていたのだ。

「チャーリー」と名づけられた遺体は、多くの科学者達に頭を抱えさせる事
になった。議論百出、一つの成果が新たな謎を呼び込む中、さらに混乱に
陥れるように、木星の衛星ガニメデで、異星で進化したと考えられる生物の
宇宙船が発見される。
しかも、その宇宙船には、地球の古代の生物が多数、積み込まれていたのだ。

一体、古代の太陽系で何が起きたのだろうか...


SFの中でもハードSFと呼ばれる部類の作品は元々、好きだったので、
著者のSFは見事にストライクゾーンに入り、他の作品を何冊も読んだ
のを覚えている。
ちなみにこの作品には、続編として「ガニメデの優しい巨人」「巨人たち
の星」「内なる宇宙」が存在する。
(「内なる宇宙」だけ未読)


数ヶ月前に著者が亡くなった、というニュースを聞き、著者のSFの中で、
初めて読んだ当作品を久しぶりに読み返してみた。


この作品では、派手なアクションシーンやハラハラするような展開は全くない。
徐々に判明する事実から、登場人物達が仮説を組み立て、それを検証していく。
だが、そのやりとりで謎が解明したり、深まったりしていく様子が心地いい。
SFではなく、ミステリーだと言う人がいるのも頷ける。
(念のためだが、殺される人は出てこない)

最後の方、当作品のタイトルとも関わってくる急展開の部分を読んだ後は、
自分の手を見つめた後、夜空を見上げたくなる。

SF作品の感想では「センス・オブ・ワンダー」という言葉がしばしば登場する。
(個人的には「センス・オブ・ワンダー」を感じるようなSFが好きである)

日本語でうまく表現できないので、Wikipedia の定義を見ると
「ある種の不思議な感覚を説明する為の語」
「一定の対象(SF小説、自然など)に対して、ある種の不思議さの印象の
 感覚を表す概念」
とある。

この作品は、まさに「センス・オブ・ワンダー」を感じると言えるだろう。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/198-fd7303a5

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。