小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

333羽 野鳥 大行進

「けさの鳥」  朝日新聞社
  文 :山岸 哲
  写真:田中 光常、久保 敬親、
     金子 進、吉野 俊幸


この本は、2003年5月1日から2004年4月30日の朝日
新聞朝刊に連載されたものに加筆し、再構成した
もの。

収録された鳥は日本で観察された記録がある鳥。
つまり、迷鳥も含まれる。

鳥の写真と150文字程度の説明で構成されており、
名前と姿と性格を(ある程度)紹介している。
その数、333種。

「山地の鳥」
「草地の鳥」
「水辺の鳥」
「里の鳥」
「希少な鳥」
の5種類に分類されているが、その分類は結構緩い。


読む図鑑と言ってもいいだろう。
ただし、図鑑ほどの情報量はないが・・・。

特に先頭から読む必要もなく、ペラペラとページ
をめくりながら、興味がひかれた所を読む、と
いった読み方もできるし、写真を見るだけでも
楽しめる。

鳥見に興味はあるが図鑑を買うほどでもない、
といった人にはいいかもしれない。

たまたま近くにいた鳥の名前が分かったりする
だけでも、少しだけでも、いつもと違う気分
が味わえたりするものだ。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/205-f9da2c5a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。