小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFなニュース【後継者】

(ポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」が元ネタ)

小惑星探査機「はやぶさ」の後継機となる「はやぶさ2」

こちらは2014年に打上げ予定となっている。
「はやぶさ2」も小惑星からのサンプル回収がミッションだが、今回は、火薬を使う方式になる。

小惑星上空で火薬を爆発させ、その衝撃で小惑星に直径2~7メートル、深さ0.5~1メートルのクレーターを作り、そこからサンプルを回収する計画となっている。
火薬を使うのは、小惑星の地下の物質も回収できると思われているため。

「はやぶさ」は、カプセル放出後、訳あって大気圏に突入させざるをえなかったが、「はやぶさ2」は、サンプルを地球に届けた後にも第2の任務がある。
ラグランジュポイント(太陽や惑星の引力が釣り合っている点)に移動し、そこを調査する、というもの。
ラグランジュポイントはいくつもあって、この点同士を移動すると、探査機の移動が非常に楽になるため。
将来の探査計画の際に非常に役立つデータを得る事が期待される。


ちなみに「はやぶさ2」の次の探査機構想もある。
その名も
「はやぶさMk(マーク)2」

3代目なのに?
さらに「Z(ゼータ)はやぶさ」「ZZ(ダブルゼータ)はやぶさ」「ν(ニュー)はやぶさ」と続くなら許せるが・・・。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/215-300f1e1c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。