小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探鳥会か独自路線か

「バーダー」
  2010年11月号
   文一総合出版

興味を持ったのは「天狗」の話を明治神宮の冬鳥の話の2つ。

この記事での「天狗」は、鼻の長い方ではなく、「カラス天狗」を指している(と思う)
この2種類の天狗の関係もこれから出てくるだろう。(たぶん)

「天狗」は、平安時代後期になって、ようやく半鳥半人のイメージが定着してきたそうだ。
ときどきトビに化ける、と言われている。

ただ、姿かたちは定着しても、性格は定着していないようで、復讐の機会を虎視眈々と狙う天狗がいる一方、
僧に恩返ししようとして失敗し、痛い目にあってしまう天狗などの話も伝わっている。

昔の人にとって「天狗」は恐ろしい存在だったのだろうか、身近な存在だったのだろうか?



気になった記事の2つめ。明治神宮の冬鳥たちのレポート。
野生のオシドリの姿を見たい、と思った。(動物園でならさんざん見ているが・・・)
探鳥会に参加すればよいのだが、8:30集合、というのは時間的にちょっとキツイ。

近場の探鳥会の情報を探した方がよさそうだ。


スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/224-dafa25cf

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。