小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFなニュース【見かけだおし】

「アノマロカリス、実は軟弱者だった?」

アノマロカリス、というのは5億年前のカンブリア紀に生息していた生き物。
その姿(想像図)はコチラ

アノマロカリスはカンブリア紀の生き物の中では体の大きさが最大クラスのため、「百獣の王」だったと考えられていたが、実はそうではなかったかもしれない、というニュース。

カンブリア紀の生き物は自然がムチャな実験をしたのでは、と思うほど様々な姿かたちの生き物が誕生している。
しかもそれらは、体が柔らかく、化石として残りにくいという、研究者泣かせの生き物たちだ。

中には、しばらくの間、前後上下がよく分からなかったり、1匹の生物と考えられていたものが、別の生物の体の一部だったなどという、エピソードがあるほどだ。
しばらく前、「へんないきもの」という本がベストセラーになったが、あそこに出てくる生き物がまともに見えるくらいの個性的な面々がそろっている。

この時代の新しい発見に関するニュースには、ついつい反応してしまう。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/227-22b8f26d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。