FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

身の丈ワイルドライフ 

とりぱん 10巻
  とりのなん子  講談社



「身の丈ワイルドライフ」を掲げ、野鳥の観察やそれにまつわる日常を綴ったエッセイ漫画。
基本的には「鳥」の話題が中心だが、時々、ネコや虫の話になったりする。

著者の鳥の観察スタイルが似ている、と思ったのが始まりだが、もう10巻目となる。今回は基本に戻って、鳥の話が中心となっている。

普通の人であれば、ありふれたような事、どうでもいいような事でもマンガのネタにする「とりのなん子ワールド」は健在だ。
今回は、個人的に好きなカルガモ(チビカモ付き)のエピソードがいつもより多かったので、なんだかうれしかった。

身近な鳥でも、じっくり観察すると面白いものが見られる、という事がよく分かる。
最近、忘れかけていたような気もするので、今度、もう一度、初心にかえって観察してみようと思う。
スポンサーサイト



カテゴリ: とりのなん子

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« ホーガン流 知性の発達史  |  SFなニュース【ドロシー計画 第2観測】 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/232-5090d60b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム