小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使い分けの妙

「たったひとつの冴えたやりかた」
  ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
  朝倉久志(訳)
   ハヤカワ文庫


舞台が共通の連作中篇集。

本書のタイトルにもなっている
「たったひとつの冴えたやりかた」
「グッドナイト、スイートハーツ」
「衝突」
の3作。とこれらの話をつなぐ司書と学生のエピソードから成る。

「たったひとつの冴えたやりかた」は、16歳の少女と脳寄生体のエイリアンの友情物語。
以前からタイトルは知っていたが、内容はサッパリ。

・・・というより、てっきりハッピーエンドの物語だとばかり思っていたので、ラストは期待を裏切る展開であった。

しかもクライマックスは、宇宙ステーションに届いたメッセージカセット(時代を感じるが)の再生という形で語られる。
つまりメッセージを聞いている時点では、事はすべて終わっているのだ。

なす術のなさ、無力感が如実に伝わってくる。
が、主人公コーティーと脳寄生体シロベーンの性格のためか、あまり湿っぽくならず、不思議と明るい印象を受けるラストであった。


「グッドナイト、スイートハーツ」は宇宙のジャンク屋(?)が活躍する話。
初恋の人との再会、宇宙海賊との戦いなど、SFのお約束と言えば、お約束の展開である。
読み終わってから「スイートハーツ」とわざわざ複数形になっている意味に気がついた。


「衝突」は、2つの文明のファーストコンタクトの話である。
他の書評などを読むと、「たったひとつの冴えたやりかた」が一番で、他の2つがかすんでしまった、というものが多かったが、個人的には、この話が一番、面白かった。

ここでもメッセージカセットとリアルタイムの会話を効果的に使い分けている。

さらに人間と異星人、双方の立場で物語が進んでいくあたりが面白い。言葉はもちろん、習慣などがまるで違う相手にはここまで通じないものか、というのがよく伝わってくる。

話の最後まで、カタコトでしか会話が成立してない、という点が象徴している。
逆に言葉以外の部分が多くを語っている、というのもさもありなん、という感じがする。


これらの3つの話は図書館に収蔵されている古文書で、学生から依頼を受けた司書が、つい通常業務の範囲を超えた熱心さを発揮してしまい探し出してきたもの、という形で紹介される。
司書と学生と会話の中で、著者の他の作品のタイトルが出てくるのは、著者の遊び心らしい。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/256-60ee5e70

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。