小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさとは遠くにありて思うもの

S・Fマガジン
 2011年 2月号



今回、気になった作品は、大西科学の「ふるさとは時遠く」

標高によって時間の進み方が変わる世界。標高が高い所の方が時間の進み方が早い。
(世界各国の首都は標高の高い所に移っている)

主人公は首都に住み、仕事をしている人物。その主人公が6年ぶりに(首都より標高の低い)故郷に帰ってきた時の話。
時間の進み方が違うため、故郷にいる姉より、はるかに年上になっている。

姉は故郷にいた頃の「弟」と同じように接しようとするが、主人公の方は、最初、どう接していいか、迷ってしまう。
姉にとっては弟に会うのは数年ぶりでしかないが、主人公にとっては何十年ぶりとなる。

小さな策略を用いて、弟を取り戻そうとする姉。
が、弟の方は首都にいる間にいろいろ(家族や仕事)を背負ってしまったので、「策略」は成功しない。

文字通り、住む世界が違ってしまった姉と弟。
この作品では、「時間の進み方」が異なるという事になっているが、現実の世界で、このような事はないだろうか。

長く離れていた家族と再会した時、自分の中の時間は、何十年も経過しているのだが、相手の方はもっとゆっくり進んでいたら?
どちらの「時間」にあわせるべきなのか、最初、迷ってしまうだろう。

こんな場合でもどちらかに合わせて話をしていればいいだけなのだが、この作品ではもっと残酷な結果が待っている。
仮に姉の「策略」が成功したとしても、弟が姉より、はるかに年上になっている、という事実は変わらないのである。
「ふるさとは遠くにありて思うもの」なのだろうか。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/266-77c39efe

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。