FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

大当たり 

2009年7月19日、木星に黒い”染み”のようなものが突然、あらわれた。
スケールの違いを見せ付けられたのは、その”染み”の大きさが地球と同じくらいだった、という点だ。

しかも週末だったため、天文学者も気付く人は少なく

「気が付いたら地球サイズの衝突跡ができてました」

という状態だった。(「木星に地球サイズの衝突跡」)

その数日後、ハッブルが撮影した写真と記事がコチラ(「木星の衝突跡、修理後のハッブルで撮影」)


そして今年になって、ようやく衝突した天体の正体が(少し)明らかになった。
木星衝突の犯人はタイタン級の小惑星

タイタンの大きさを調べてみると
「惑星の水星より大きい」
「太陽系第2の大きさの衛星」
と紹介されている。

他の惑星や衛星と大きさを比較したページはコチラ(天文サイト「赤い惑星」のサテライトサイト「暦と星のお話」太陽系天体の大きさ比べ

衝突後の木星の写真を見ても実感が湧かないが、こうしてみると、とんでもないものが当たった、という事がよく分かる。

こんなものが普通に(?)飛んできたりする世界。

その昔、「天が落ちてくる」と心配した人がいたそうだが、案外、笑えないのでは、と思ってしまう。
スポンサーサイト



カテゴリ: SFなニュース

テーマ: 雑記 - ジャンル: 日記

[edit]

« 正体不明の怪物、その名は「世間」  |  ふるさとは遠くにありて思うもの »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/267-ed04c9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム