小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超新星

24年前の今日(2/23)、1987年2月23日、天文学の分野で大事件が起きた。

その事件とは「肉眼で見える超新星が観測されたこと」である。

初めての事ではないが、前回、観測されたのは、1604年。近代的な観測設備が整えられてからは、初めてである。

当然、天文学者達は、上を下への大騒ぎ。
超新星が専門の天文学者を夫に持つ著者による「ドキュメント 超新星爆発 400年目の大事件」にそのドタバタぶりが描かれている。
また、このブログでも以前、この本の感想を書いた覚えがある。(その時の記事はコチラ

この時、日本の観測施設「カミオカンデ」でニュートリノを観測に成功。小柴昌俊教授は、その功績が認められ、2002年にノーベル物理学賞を受賞した。
また、このニュートリノ観測成功があったからこそ、後継施設の「スーパーカミオカンデ」の建設も可能となった。

また、以前までは、天文学者同士でもあまり交流は活発でなかったのが、この超新星観測をきっかけにネットワークも生まれたらしい。

ちなみに超新星が観測されたのは大マゼラン雲内のため、日本からは見ることはできない。

この超新星の話をして
「ああ、見た事ある」
とかいう人がいたら、
「どこで?」
と聞いてやろう。
日本の地名を言ったら、しめたものだ。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/274-b463f8aa

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。