小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オキテ

今回は少しダークサイドなので要注意。


先日、見たテレビの中でアメリカ国防総省コンサルタントが無人飛行ロボット「プレデター」の性能を説明していた。

その中で「戦争」と「殺人」の違いは何か?という事を語っていたが、そのコンサルタントの回答は
「戦争にはルールがある」
というものだった。

個人的には非常に首をひねる回答だった。

あくまで平和な時の基準で
「もし戦争になったらこうします」
「これをやったら、戦争の勝敗どころの騒ぎでなくなるからやめましょう」
としているだけで、本当に戦争が起きたら守るかどうか分かったものではない、と思う。
特に追い詰められた側は何をしでかすか分かったものではない、と考えないのだろうか。


その昔、チャップリンは「殺人狂時代」で
「1人殺せば”殺人”で、100万人殺せば、”英雄”になる」
と語っている。

なので、最初の問いの回答は
「犠牲者の人数」
もしくは
「国家の命令の有無」(刑罰以外で)
かと思った。

「戦争にはルールがある」という考えは、出演していたアメリカ国防総省コンサルタントだけの考えだろうか、それともアメリカ政府の一般的な考え(に近いもの)なのだろうか、気がかりだ。


ルールがある、というならば、そのルールを改訂して
「戦争は国家元首同士の素手による一騎打ち」
として欲しい。
それならば、すごい奥義を繰り出した時の「驚き役」もしくは「技の解説役」をやってもいいと思う。

あるいはルール作りに参加してもいい。

細かい部分を決める必要があるが、大雑把なルールとしては、このようなものになるだろう。

1.対戦場所は南極大陸とする
 どの国にも属さない場所であれば、地球以外(例:月、火星)での開催も可。

2.武器の使用は禁止
 自身の体内エネルギーのみで放てる技(例:かめはめ波)は使用可。毒、精神攻撃などの直接攻撃以外の技も体内で生成、または体内エネルギーを使用する限り使用可。

 ただし「元気玉」のように自分以外のエネルギーを借りる技は使用不可。魔法も同様とする。

3.ドーピング禁止
 以下の行為はドーピングとみなす。
 ・薬物投与(「悪魔の実」の摂取も含む)
 ・暗示
 ・洗脳
 ・サイボーグ化
 ・遺伝子操作
 ・能力を向上させる魔法の使用
 ・巨大異星人への変身能力付与

 ただし「狼男」などのように生まれつきの場合、確認可能な方法で変身能力の封印が行われていれば可。


・・・少し脱線してきたので、元に戻す。

要は、戦争が起きた(起きそうな)時に安全な所から威勢のいいことばかり言ったりせず、自分の命に関わる事として考えて欲しい、という事だ。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/284-5bb0a3ae

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。