小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実は小説より奇なり!?

天文関係のニュースで面白いと感じたものをいくつか紹介。

「地球サイズの“一匹狼”惑星に生命体?」

ふらふらとさすらう放浪する惑星。
実例は観測されていないが、そんな惑星が存在する可能性がある、という。
しかもその惑星にも生命がいるかもしれないらしい。

「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」では、ガミラス星の消滅でイスカンダルが暴走を始める、という話だったが、実際にあるのだろうか。

・・・と思ったが「恒星」であれば、そんな星があるらしい。
「宇宙のスピード狂、きりん座アルファ星」

しかも時速240万~1510万キロという猛スピード。
先行する放射線が星間ガスやちりと衝突し、衝撃波面を形成する。

こんなものがあるのであれば、さまよう「惑星」があってもおかしくない気がする。


ところで、こちらは「目」の話。
「宇宙の闇を貫く“サウロンの目”」

映画「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくる”サウロンの目”によく似た「目」の写真。
”サウロン”とは別の巨大な力を持ったブラックホールを撮影したもの。

「最も冷たい星を発見、表面は100度」

太陽は「主系列星」と分類される天体だが、その中に奇妙な星がある。
「恒星」でもなく「惑星」でもない「褐色惑星」がそれだ。
しかも、記事で書かれている褐色惑星は、表面温度が100度ほどらしい。
天文関係のニュースだと、何百万度だったりするので、妙に実感の湧く温度だ。


スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/288-dfe7ced3

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。