小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

何が何でも生きている

「細菌は40万Gの重力でも生き延びる」

以前、地球で起きた大量絶滅に関する記事の中で「生き物」は、とんでもなくしぶとい、という話を書いた。

上記の記事は、やはり「生き物」はとんでもなくしぶといものだ、ということを改めて思い知らされるニュース。

「竜の卵」(ロバート・L・フォワード)というSFでは、中性子星に住む「チーラ」という知的生命体が登場する。
ロバート・L・フォワードは物理学者でもあるため、科学的な裏付けは(それなりに)取れている設定なので、まったくの夢物語というものでもない、という触れ込みだ。

さすがに中性子星の重力には及ばないが、それでも40万Gでも生き延びる生き物が存在する、という事実。

細菌なども含めたら、もしかしたら宇宙は「生命」で満ち溢れているのかもしれない。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/299-afc94fca

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/