FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

有害動物駆除員 

「ザ・ウィスキーキャット」
C・W・ニコル(講談社文庫)


スコットランドの古いウィスキー酒蔵には、大抵、1~2匹のネコが飼われている、という。
彼ら(彼女ら)は、ペットとして飼われているのではなく、れっきとした従業員として名簿に名前が載っている。

その役目は「有害動物駆除員」---つまりネズミ退治。

主人公は、とある酒蔵の「有害動物駆除員」のヌース。
師匠であり、養母であり、親友であるアザー・キャットとのやりとりと、酒蔵の古株、ジムじいさんをはじめとする、従業員達とのつきあいがゆっくりしたペースで語られていきます。

ネコかウィスキーのどちらか、または両方が好きならぜひ一読を。
スポンサーサイト



カテゴリ: C・W・ニコル

テーマ: 感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« ネコ電波  |  思索と検索の違い »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/3-76b2e76b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム