FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

対となる物語 

続・星守る犬
 村上たかし 双葉社


「星守る犬」の続編である。

前作を読んでいなくても楽しめることは楽しめるが、一部分からない件があるのは否めない。
そもそもタイトルに「続」と付いているくらいなので、前作から読んだ方がいいだろう。
この感想も前作を知っている人が読む、という前提で書いている。


「続・星守る犬」は2つのエピソードからなる。

一つは前作で拾われなかった犬を巡るエピソード。
(一応、前作を見直してみたが、冒頭、犬が拾われるシーンで一コマだけ、もう一匹、犬がいるのが描かれている)
もう一つは、前作で「お父さん」が一時的に道中を共にした家出少年と犬のエピソードである。
そして、その2つのエピソードがエピローグで繋がってくる。

前作も続編も1つ目のエピソードは、成り行き上、飼う事になった犬に救われる人の話。
2つ目のエピソードは前作も続編も最初、主人公は犬に対して(大げさに言えば)「贖罪」の気持ちを持っている。
そして、前作は悲しいラストであったが、続編の本作はハッピーエンドとなっている。

意識的に、いろいろな所で前作と対になるようにしているのだろうか。
対比させて読むと、他にも発見があるかもしれない。
スポンサーサイト



カテゴリ: 村上たかし

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 暮れなずむ町の光と影の中!?  |  サヨナラだけが人生さ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/302-96e63563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム