小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要注意【オヤジギャグ含む】

「千思万考」
 黒鉄ヒロシ 幻冬舎


この本は「本が好き!」から献本してもらったもの。


歴史上の人物のイラストを冒頭に置き、その人物についての考察を行う。テレビ番組のワンコーナーを単行本にしたものである。

登場するのは、誰もが知っている名前が連なっているが、戦国時代・幕末に偏っている。
その基準はどうなっているかよく分からないが、元々、テレビのコーナーなので、誰もが知る名前を持ってこなければならないのだろう、と少々、穿った見方をしてしまう。
誰もが知る名前がネタ切れしてきた辺りから、取り上げる人物の方が面白いかもしれない。

ちなみに、戦国武将や幕末の活動家でないのは、東洲斎写楽、森鴎外、田沼意次、伊能忠敬である。

この本に登場する人物で(個人的に)意外、と思うのは、この3名。
織田信忠(織田信長の長男)
松永弾正(北条早雲・斎藤道三と並んで日本三大梟雄とも言われる。織田信長に対して2度の謀反を起こした人物)
トーマス・ブレイク・グラバー(幕末に倒幕派に武器を提供した人物)

名前は知られているが、「織田信長」「源義経」「坂本龍馬」という名前と比べると、1,2等ほど輝きが落ちるのは否めない。
だが、こういった人物を取り上げてくれる方が個人的にはうれしい。

また、この本の中に登場するのは原則1人1回だが、例外的に2回、登場する人がいる。
それは「織田信長」と「坂本龍馬」の2名。

著者が特にお気に入りの人物がこの2名である、ということから、著者が好きな歴史上の人物の好みが見えてくる。
・既成の概念に囚われない(というより、ある意味、非常識な)革新的な発想を持っている人物
・「信念」に凝り固まって、一方向からしか考えられない人でなく、多方面の発想を受け入れる度量を持っている人物
ついでに挙げれば、突然、殺されてしまう、という点だろうか。

最近のニュースを見ると、後者の「多方面の発想」ができない人が多い気がする。

ところで、各人物の考察には、タイトルが付けられているが、そのタイトルに「オヤジギャグ」が使われている事が多いので要注意。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/312-65f2ebd9

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

オヤジギャグはだいじょうV!

ネットなどの言説を読むとタコツホ化が進行していて、現在は「多方面からものを考える」人が減っていると危機感を感じています。ですから、私は必ず自分とは考え方の違う人の意見を読んだり、マイミクさんに加えさせて頂いています。そんな自分を時々コウモリ野郎だなと感じたりしますが、自分なりの信念を持っていれば、異なる人の意見をも参考にできる筈だと思っています。
関係ないですが、マジンガーZの替え歌で、♪闇に~聳える~黒鉄ヒロシ~ というのを思い出してしまいました(笑)。

  • 20110516
  • 敦 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: オヤジギャグはだいじょうV!

ネットは、いろいろな情報を集められるように思われてますが、「検索」というバイアスがある上、ご丁寧に「関連記事」「オススメ」とかいって似たようなモノを出してくれるので、実のところはタコツボ化が加速しますね。
意図的に探したりしないと変な方向に行ってしまいがちですね。特に巨大掲示板などは、一部でその傾向が顕著のような気がします。

  • 20110517
  • Tucker ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。