FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

ニワトリが先か、タマゴが先か 

ナショナルジオグラフィック
 2011年6月号



気になった記事は、次の2つ。

「人類最古の聖地」
トルコにあるギョベックリ・テペという遺跡。
ここには、人の住んだ形跡がない、という。農耕の跡もなく、作業員や神職が住んでいたような跡もない。純粋に祭祀の場所でしかなかったらしい。

従来は、狩猟採集民族が定住し、農耕を始め、大きな社会を形成するようになってから、宗教が生まれた、と考えられていたが、
この遺跡や周辺の遺跡などの発見から逆ではないか、という説が出てきたのだ。

狩猟採集民が集まる。
 ↓
集まった人の収容場所が必要になる。
 ↓
建物を建てる=組織が必要
 ↓
人を使うなら食べ物が必要
 ↓
農耕の始まり?

という事らしい。(あくまで説の一つだが)
ニワトリが先か、タマゴが先か、という話に近い。


「日本うるわし列島 水俣湾」
数ページの連載記事だが、実は、お気に入りの連載。
「魚が湧く」と言われたほどの美しい写真が印象的。

この海がかつて、公害問題の中心のひとつだったのが正直、信じられない。
(記事では公害問題については詳しく触れていない)

キレイな写真が印象に残る反面、漁獲高は往時の3分の1でしかない、という事実がグサリと突き刺さる。
一度、壊してしまったものを戻すのは、どれだけの労力がかかるのだろうか。
スポンサーサイト



カテゴリ: 雑誌

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 背中合わせに生きるものたち  |  星野之宣流味付け「星を継ぐもの」 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/327-d8ec57e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム