小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとうの幸い

「銀河鉄道の夜」
 ますむら・ひろし賢治シリーズ Vol.1

     原作:宮沢賢治
     作画:ますむら・ひろし

宮沢賢治の有名な童話。
ただし、読んだのは、ますむら・ひろしによる登場人物がネコになっているマンガ版。

作者のあとがきからの受け売りだが、主人公のジョバンニが銀河鉄道に乗る時期は、ちょうどお盆の頃。
(物語の中で出てくる「三角標」は、ヴェガ、アルタイル、デネブの”夏の大三角形”の事で、ジョバンニが銀河鉄道に乗る時刻は作中から20時頃。ヴェガがその時刻、天頂付近に来るのは、お盆の頃、ということらしい)

だから銀河鉄道には生者も死者も乗っているのだ。

今年は、地震により多くの人がこの銀河鉄道に乗る事になってしまった。(奇しくも宮沢賢治は岩手の人)
また、個人的にも(地震とは関係ないが)今年、祖母が亡くなり、銀河鉄道の客となった。

ところで、このマンガ版では、2つの「銀河鉄道の夜」が収録されている。
一つは、普通に手にすることができる版で、もうひとつは”初期型”と呼ばれる”ブルカニロ博士”という人物が出てくる版である。

主人公ジョバンニは、カンパネルラと「ほんとうの幸い」について話し合うが、結局、それが何なのかは分からない。
が、探し続ける事を誓う。

この後、カンパネルラは姿を消してしまうが、”初期型”では、ブルカニロ博士という人物が登場し、
「あらゆるひとのいちばんの幸福を探し、みんなと一緒に早くそこに行くがいい。
 そこでおまえは本当にカンパネルラといつまでも一緒に行けるのだ」
とジョバンニに言う。

宮沢賢治の考えをブルカニロ博士という人物に代弁させているかのようだ。
賢治の死生観が窺いしれるが、その考え方は、多くの人とそんなにかけ離れているものではないだろう。

人の生死について考えるには、いい題材になる作品だと思う。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/333-7a7829c2

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。