小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンプラ、プラモデル業界に立つ

「ガンプラ開発戦記
  -誕生から大ブームまで-」
  猪俣謙次・加藤智
   アスキー新書


1980年代初頭、ガンダムが大人気となった。特にプラモデルが人気で「ガンプラブーム」と呼ばれたが、その人気は、売り場に殺到した子供達が将棋倒しになる事故が起こるなど、異常なほどだった。

ちょうど小学校5,6年生の頃。
テレビ放送の終了後、映画が上映されたが、大行列なので、朝早く行って、並んだり、「アッチの店にガンプラ入荷」とか聞くと行ってみたり(でも買わない)したのを覚えている。

個人的には、最初は、プラモデルより、お菓子のオマケなどが主だった。
(小遣いに限りがあるので、より安いもので済ませた)

「ガンプラ」を作るようになったのは、中学、高校くらいからだったろうか。

ちなみにアニメの「ガンダム」は、いろいろな種類の作品が作られ、「ガンプラ」も発売され続けている。
直近のガンダム作品だけでなく、過去のガンダム作品のプラモデルも発売されるのが、他に類を見ないところだ。
もはや一種の「ブランド」と言っていいかもしれない。

本書は、その「ガンプラ」誕生前のバンダイの歴史から、ブーム勃発時の生産現場のドタバタ(・・・というよりパニックに近い騒ぎ)が描かれている。

「ガンダム」のブームに便乗して、「ガンプラ」は誕生したように思えるが、実際は、それ以前からバンダイ模型は、プラモデルメーカーとして一目、置かれる存在になろうとしつつ苦闘していた歴史がある。

キャラクタープラモデルで頭角を現し、ミニタリー物でも徐々に認められるようになるが、スーパーカーブームに乗り遅れ、経営危機に陥ってしまう。
が、「ヤマト」で逆転ホームラン。

そして、この時、アニメは小学生だけでなく、ヤングアダルト層にも支持されているが、その需要を満たす商品がない事に気がつく。

「ガンダム」のスポンサーは当初、クローバーという会社だったが、この事に気づいておらず、従来のセオリー通りのロボットアニメの商品展開をしていたため、あまり売れず、スポンサーを降りる。
(このためアニメの「ガンダム」は打ち切りとなってしまう)

そして、「ヤマト」での経験があったバンダイは、「ガンダム」の潜在的な人気に気がついていたので、スポンサーとなり、今に至る。


明暗を分けた判断、と言って、判断を誤った方を悪く言うのは簡単だ。

当時、雑誌などでも「ガンダム」を従来のロボットアニメの枠組み・用語を使って説明しようとして、珍妙な「作品紹介」をしている記事を多数、目にした。
(”ジオン軍は「地球征服」をねらっている”など)

が、今のアニメに対して、(大して詳しくもないのに)偉そうな事を語ろうとしたら、きっと自分も同じ事をしている事だろう。
新しい物を正しく評価できるのは、「異端者」や「傍流の人」だけのような気がする。
(だから「主流はよくない」などと言うつもりはないが)

ところで、5,6年前、久しぶりに「ガンプラ」を作った事がある。
当時、「食玩」に凝っていて、模型に興味が戻ってきていたのと、今の「ガンプラ」は箱が大きいのが多いが、どうなっているのだろう、と思ったのがきっかけだった。

昔の「ガンプラ」は作る人の技量によって、完成度に大きな違いが出るのに対し、今の「ガンプラ」は、誰が作っても、そのままで(改造したり、色を塗らずに)アニメのイメージ通りのものができる。
(その代わり、パーツ数が多く、ほとんど「立体ジグソーパズル」状態になっているが)

メーカーとしては「誰でも」「気軽に」作れる方が(「簡単」ではないが)客層が広がり、都合がいいのだろうが、個人的には、「技」を発揮する余地がなくなる事の方が寂しく思える。
単に「マニアック」なのかもしれないが・・・。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/341-673bd191

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。