小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SF(Sukoshi Fushigi)な物語 その2

「藤子・F・不二雄 SF短編集② メフィスト惨歌」
  藤子・F・不二雄
   中公文庫コミック版


藤子・F・不二雄 SF短編集の第2巻

1巻目は正統派SFの話が多かったが、2巻目は、ブラックユーモアやミステリーの割合が高い。

収録作品は
「メフィスト惨歌」
「倍速」
「マイホーム」
「侵略者」
「マイロボット」
「テレパ椎」
「ユメカゲロウ」
「裏町裏通り名画館」
「有名人販売株式会社」
「殺され屋」
の10作品


以下、ネタバレ含むので注意。


「メフィスト惨歌」に登場するメフィストは、なんとなく「怪物くん」のドラキュラを彷彿とさせる。
(性格はかなり違うが)
後の有名作品のキャラの元になったと思えるようなキャラも、稀に出てくる。
こういうものを探すのも楽しみのひとつだ。

「マイロボット」は、子供の頃、持っていたSF短編集に収録されていたので、よく覚えている。
思いがけず、新しい「生物」を生み出してしまった、という件が非常に不気味だった。

印象的なのが、「裏町裏通り名画館」
「南極物語」と「スターウォーズ」が上映されていると思って入ったボロ映画館。
が、上映が始まるとなんだかおかしい。
よくタイトルを見ると「北極物語」と「ヌターウォーズ」だった。

どちらも本家の映画の主人公の立場を入れ替えたもの。
「北極物語」はアザラシの方から見た「南極物語」で、「ヌターウォーズ」は帝国軍の1兵士の視点からの物語。
視点を変えると、これほどまで違う物語になるのか、とつくづく思う。

「有名人販売株式会社」はクローンを題材にしたもの。
この作品が発表されたのは1984年。もう、この頃からクローンの話題が出ていたのか、と驚いてしまった。


ところで、最近、また大判コミックで、藤子・F・不二雄の短編集が出版されている。
・・・悩みどころだ。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/343-1361ac83

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。