小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SF(Sukoshi Fushigi)な物語 その3

「藤子・F・不二雄 SF短編集
    超兵器ガ壱號」
  藤子・F・不二雄  中公文庫コミック版


藤子・F・不二雄のSF短編集の3巻目。この巻は、寓話のような話が多い。

収録されている作品は、次の通り。
「超兵器ガ壱號」
「福来たる」
「神さまごっこ」
「影男」
「昨日のオレは今日の敵」
「あいつのタイムマシン」
「耳太郎」
「宇宙人」


子供の頃、読んだ藤子・F・不二雄の短編集にもあったのは「影男」

主人公の幼馴染、倫子に影のようにつきまとう不思議な老人。(今で言うならストーカー!?)
その老人は、なぜか倫子の未来に起こる事を知っており、時々、警告をしてくれていた。

不安を感じた倫子に相談され、主人公は老人に直談判しに行くが、その場で、想像もしなかった事を聞かされ・・・という話。
「輪廻転生」をネタにした不思議で少し気味の悪い物語。

他に印象に残ったのは「超兵器ガ壱號」と「宇宙人」

「超兵器ガ壱號」は、太平洋戦争の時代を舞台にした”歴史改変SF”(実際の歴史とは異なる歴史の経過を経た世界を描くもの)
シリアスなストーリー展開で、人間の身勝手さが描かれている。そのため、重いラストになるだろうと思っていたが、いい意味で裏切られた。
また、ラストシーン近くから話が始まる、という展開が印象的。


「宇宙人」のストーリーは、自分達より優れた文明を持つ知性体を探すために調査隊が旅立った。主人公は、その一員。
だが、この調査行は、単に異星人文明を探し出す以外にも、もっと切実な理由があった、というもの。

”切実な理由”の裏づけとなる隊長の”仮説”には薄ら寒いものすら感じる。
隊員はもちろん、隊長自身でさえ「信じたくない」と言うほどのもの。自分も、というか誰もがそう思うだろう。

ところで、ラスト近くの主人公のセリフと最後の1コマは「センス・オブ・ワンダー」
こういうSFは大好きだ。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/344-471293f2

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。