FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

口は災いの元 

「失言辞典」
  失言委員会 編・著   学研


ちょっと気の利いた事を言ってやろうとした時、カッとなった時、切羽詰った時など、人は失言をしやすくなる。
一般人なら、せいぜい周囲の人に「はあ?」と言われるくらいだが、それが政治家、芸能人、スポーツ選手などテレビに出演する機会が多い人ほど、大騒ぎになる。

教科書に載っている吉田茂首相の「バカヤロー」から、ある試合をきっかけにバッシングの対象になってしまった、某一家まで、100の失言が収録されている。

とは言っても古い失言は数少なく、ほとんどは近年のもの。失言を見れば、聞いたことがあるとピンとくるものばかり。
後から見れば、よりによって、なぜ、そのタイミングで、と思うが、そのタイミングでやってしまうからこそ失言なのだろう。

本の中に出てくる失言で一番のお気に入りは次のもの。

「着服して・・・あっ、着席して」
  社保庁の職員が年金着服・横領問題についての記者会見で

そのタイミングといい、内容といい、絶妙すぎる。お笑い芸人でも思いつかないだろう。


本には載っていないが、自分が覚えている中での失言(というより迷言?)の最高傑作は次のもの。

「牛は海に住んでいない」

  2011/7/2 フジテレビ「渡辺陽一が撮ったこれが世界の「戦場」」にて、
  中学生の「牛は保護しなくていいのか」という質問(内容は要約)に対する
  ポール・ワトソン(シー・シェパード代表)の答え

ランド・シェパードやスカイ・シェパード、場合によっては、スペース・シェパードも作る予定があったのだろうか。

個人的にも「失言(迷言)」を集めたくなった。

スポンサーサイト



カテゴリ: 失言委員会

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 考えることは同じ!?  |  SF(Sukoshi Fushigi)な物語 その4 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/346-b494d522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム